私はコメンテーターと称する種類の人間が嫌いです。
専門知識も無いのに勝手に自分の私見を主張し押し付ける。

今回の高畑淳子さんの謝罪会見の件でも、世間に謝るよりは被害者に謝るのが先だとか、被害者はこの会見をすることを知っているのか、とか的外れな事を言ってる。

高畑さんは被害者の女性に会ってお詫びしたいと言う気持ちを強く持っています。
それを被害者側が拒否しているのです。おそらく弁護士に止められているのでしょう。

裁判が終わるまでは世間の人たちはあまり騒ぎすぎないほうがいいと思う。

あの会見を開くべきなのか否か、と言うのは愚かなことだ。
有名人なのだから、仕事関係に大きな迷惑をかけたし、親として会見をしなければ収まりがつかない。
親が謝罪をしないといつまでも追いかけられて叩かれる。


高畑淳子さんは立派だった。

息子のために頭を下げ、予定時間の倍の1時間以上立ったまま全ての質問に誠実に答えた。

無神経な質問にもとまどいながら正直に答えた。

自分が矢面に立って、世間の晒し者になって、屈辱感など感じない、母の姿そのものだ。


息子が大それた大きな犯罪を犯した。
それを自分もともに贖罪する覚悟だ。


高畑さんは母としても人間としても、社会人としても女優としても立派だった。

「お母さんはどんなことがあってもお母さんだから」と言う正直な気持ちは胸に響いて涙が出た。

シングルマザーとして一生懸命に22年間育ててきたのだ。

もうこれ以上高畑さんを責めないで欲しい。
仕事に集中しろと言うのは無理な注文だが、働かなければ被害者に対して多額の賠償金は払えない。

被害者の女性に落ち度はない。
性犯罪は憎むべき卑劣な犯罪だが、彼の場合は更生する可能性は充分にある。

裁判員に選ばれた方は慎重に配慮をお願いしたい。


この記事を書いたユーザー

遠藤ひろりん このユーザーの他の記事を見る

シングルマザーです。前向きに生きています。かなり年下の彼氏がいます。恋愛経験豊富で恋多き女と友達に言われますが、自分の人生は後悔していません。2020年のパラリンピックで選手のボランティアをするのが夢です。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 恋愛
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら