新生児期の赤ちゃんは母乳やミルクを飲めば飲むほどうんちやおしっこをたくさんします。しかし、ある日突然便秘!!
あれ、うんちいつでた??

今日は、その原因とその対処法についてお伝えします。

そもそも赤ちゃんに便秘症状があるのは決して珍しいことではありません。
元気で食欲があり、1、2日のペースでうんちがでるようであれば、それがその子のペースなので特に問題はありません。

けれど…

☆3~5日以上うんちがでない
☆うんちが少量しかでず、硬い
☆お腹がパンパンにはっていて苦しそう
☆食事を食べない
☆食べてもすぐに吐く
☆機嫌が悪い

などがあれば便秘の可能性があります。

原因は授乳や食事量、生活リズムの変化、水分不足、まだまだ活発に動けないことでの腸の動きの未熟さなどがあげられます。
一般的に離乳食が始まると母乳やミルクのみの時に比べて水分が不足し便秘がちになります。しかし、そこで離乳食をせず、どんどん進めていきましょう。

対処法としてはおなかを「の」の字にマッサージしたり、綿棒で浣腸して刺激していきます。腹ばいにして顔をあげる態勢をつくってお腹を刺激してあげたり(必ず見守りで)、生活習慣を見直すことで改善されます。食事にヨーグルトなどの乳酸菌や食物繊維を取り入れたりしてみましょう。できるだけ、同じ時間に起床、食事、睡眠を行い、生活リズムを整えることも大事です。

機嫌が悪く、ミルク、母乳、食事も食べなかったり、吐いたりするときや、赤ちゃんが苦しそうにしているときは小児科を受診してみましょう。

いかがでしたか?赤ちゃんの便秘の原因と対処法でした。

便秘を解消し、少しでも悩みを減らして楽しい育児をしていきましょう!


この記事を書いたユーザー

Yasuyo Akimoto このユーザーの他の記事を見る

病院で現役助産師として働く傍ら、ママと赤ちゃんの力になりたいとベビーマッサージ教室HugComeを開業。“ママと赤ちゃんの幸せのために”をモットーに助産師ならではの視点でいのちをはぐくむベビーマッサージをお伝えしています。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら