皆さん甘いものは好きですか?世の中には砂糖が入っている食べ物がたくさんありますよね?その中にはこれにも砂糖をいれるなんてとビックリしてしまうような食べ物も…

今回は筆者が秋田にいた時、食卓によく出てきていた意外な料理を紹介しようと思います!

★そもそも砂糖にはどんな種類が?

なんだか種類がたくさんあったように思えるので、まとめてみました。

白砂糖…こちらは一般的な砂糖ではないでしょうか。上白糖とまよばれ、ソフトな風味です。
グラニュー糖…サラサラした砂糖で、コーヒーなどによく使われる種類です。たんぱくな甘さです。
三温糖…甘味が強く、コクが出るのが特徴です。
中ザラメ…独特のまろやかな風味があります。
白ザラメ…無色透明で純度の高いお砂糖です。
氷砂糖…氷のように大きく、果実酒などを作るのに適しています。
角砂糖…こちらもよく目にしますね。グラニュー糖を四角く固めたお砂糖です。
粉砂糖…グラニュー糖を細かくして作ったものです。お菓子などによく使いますね。
きび砂糖…ミネラルが入ったお砂糖です。茶色でサラサラとしています。
黒砂糖…さとうきびの絞り汁を煮詰めたお砂糖です。濃い甘味が特徴です。

この他にも、ヨーグルトなどについているお砂糖などもあります。あまり考えたことはありませんでしたが、それぞれの砂糖に特徴があり、料理をするときに使い分けるのも良さそうですね。

★砂糖はどうやって出来ている?

皆さんは砂糖がどうやって作られているか知っていますか?調べてみるとなかなか行程が多かったので、簡単にまとめてみました。

まず、運ばれてきたさとうきびからジュースを絞ります。そのジュースから不純物を取り除いて煮詰めると砂糖の結晶が出来ます。この結晶を遠心分離機で分離させ、集めたものが原料糖となります。この原料糖をもう一度溶かし不純物を取り除くと、白砂糖や黒砂糖となり、それぞれ加工されていきます。

グラニュー糖や白ザラメは、原料糖を溶かし活性炭やろ過を繰返し徹底的に不純物を取り除き、無色透明な糖液を作ります。この糖液を煮詰めると砂糖の結晶ができ、できた結晶を遠心分離機にかけ蜜と結晶を分け、取り出した結晶を乾燥させると出来上がります。

こうして、私たちがよく目にする砂糖になるわけですね!

★砂糖を多く消費している県ベスト5!

料理で砂糖を使うことはあるかと思いますが、どの県が多く使用しているのか、調べてみました。

1位長野市………7,725㌘
2位鳥取市………7,701㌘
3位松江市………7,146㌘
4位山形市………7,079㌘
5位秋田市………6,952㌘

※平成25年~平成27年までの平均(二人以上の世帯)でのランキングです。

全国の平均は5,849㌘というのですから、それ以上に使っている長野市はすごいですね!

こちらの統計は、総務省統計局のホームページでご覧になれます。砂糖以外の調味料や食品も見られます!

★砂糖を使ったビックリな料理!

ではここからは、筆者の家で食卓に出てきていた料理を紹介していきたいと思います!

デザート感覚!トマトに砂糖

トマトには塩の方が…と思いますよね。しかし秋田では、スライスしたトマトにドバッと!もうトマト見えないくらいに砂糖を入れて、冷蔵庫に入れて、砂糖が溶けて良い感じになったのを食べるのです!

これがもう甘い、とにかく甘いです!小さい頃はおやつの時に食べていました。

ポテトサラダにも砂糖!

筆者はマヨネーズが苦手なので食べませんでしたが、これも秋田では当たり前のように作られています。

作り方はポテトサラダに砂糖を混ぜるだけと、とても分かりやすく簡単!美味しいのか…筆者は知るよしもありませんが、家の人達は普通に食べていたので、美味しいのでしょう。

意外といける!?納豆に砂糖

納豆にはダシ醤油やキムチと色々合いますが、意外といけるのが砂糖!調べてみてわかったのですが、納豆に砂糖を入れる県は、北海道や新潟、山形に沖縄と意外とあるようです。

筆者の家ではこの砂糖入り納豆に、味道楽という調味料と森のキャビアと言われるとんぶりを入れて食べていました。甘じょっぱくてなかなか癖になる味です!

さて、ここで出てきた味道楽ですが、これは秋田で売っている調味料です。どういうものなのか少しご紹介。

味道楽とは?

出典筆者撮影

味道楽は、秋田では有名な万能つゆです。薄めずにそのまま醤油としても使えますし、薄めて麺つゆとして使ったり煮物などにも使います。用途としては普通に売っている醤油とあまり変わりません。

そしてこの万能つゆにも砂糖が入っています!

米と砂糖で作るおやつ!あさづけ

あさづけはお米と砂糖と酢で作るおやつです。おやつなのに何故かキュウリをスライスしたものが乗っていることが多いです。あとはお好みで缶詰のみかんなどフルーツをのせて頂きます。

筆者はあんこが入っているのが好きです!皆さんもおやつに是非作ってみてください。

入れるのが当たり前だと思っていた!

筆者が一番驚いたのは茶碗蒸しでした。茶碗蒸しには砂糖を入れるものだと思っていたのですが、入れない所があるのですね。

秋田では更に栗の甘露煮をゴロッと1個入れたりします。甘くてしょっぱい感じがたまらなく美味しい…と思っていたのですが、他見の茶碗蒸しとは味が違うのでしょうか。食べ比べてみたくなりました。

★まとめ

今ではほとんど食べることが無くなったものもありますが、どれも1度は試す価値ありです!

ただ一般的に使われている白砂糖は、体によくないともされています。食べすぎることは注意が必要なので、量を調節して試してみてください!

この記事を書いたユーザー

田辺とのまる このユーザーの他の記事を見る

ゆるっとぬるっとな人生を歩んできました。
趣味は料理、読書、ゲームです。
たまに頭の中で人生とはなにか、
人とはなにか、考えるときがあります。
お暇なときにちらりと覗いていただければ幸いです。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス