私は家庭環境が複雑な中で育ちました。
うちの母は私が3歳の時に再婚し、
私と同じ年の男の子がいる人と再婚しました。

同じ年ですが、2ヶ月誕生日は早いので兄と呼んでいます。
そして、再婚相手との間の子供が生まれ、5つ下の弟もできました。

小さい頃は分からなかったのですが、
物心ついた頃には血が繋がらない私への嫌がらせは酷く、
いつの間にか母が仕事の時は叱られたり嫌がらせをされるようになりました。嫌がらせとは部屋をぐちゃぐちゃに足の踏み場もないほどにされて、母が戻るまでには片付けなきゃ叱られるようになりました。

しかし、母に言ったら更にひどい仕打ちになるため、
言えなくなり、そして母には優しかったので、自分の気持ちを話して離婚になり自分を置いて出ていかれたら困るので言えなくなりました。そんな事はしないのだろうけど、子供の私はそう思っていました。

母は泣く私に、あなたも要領が悪いのとよくいいました。
それは日常的な事のやりとりでしたが、
暴力や、嫌がらせの事はいえずに時は過ぎて高校生になりました。

高校生になる頃にはゴミ箱や、クローゼットをチェックされたり、
ゴミ箱にすてたものまでうるさく言われました。

当然、その頃には私は気持ちに限界になり、
家にも帰らなくなり、初めて全てを知った母は
あやまり、父も土下座をして謝り、帰るように言われました。
私は、あったことのない実の父まで恨みました。
母は形だけでも家族にしようといつも必死で、
足をひっぱらないようにといつもいいました。

私から見たら一生懸命努力しても、
振り出しにまた戻され、嫌われ、どうしたらよいかなんて子供の私にはわからず、権限もなければお金もない、早く大人になりたかった。

社会人になって家からでたのですが、また戻され、
結局私は精神を病みカウンセリングを受けるようになりました。
カウンセリングを繰り返していき、やはり家族の問題が浮かび上がりました。
職場にも家にも居場所がなかった私は本当に精神も崩壊寸前で、
先生に両親は呼ばれ、私に謝罪をする事と、命があってよかったと思いなさいとまでいいました。

そこからやっと少しずつ色々なものが変わりました。
この頃初めて実の父に逢える機会があり、母には内緒で何回か逢いました。

そして今までの思いを全て話ました。
実の父はファンキーな人で、父とは正反対で、
話して初めて全ての恨みが消えました。

どんな人だとしても、お金に困らず育てて貰ったことに感謝しなければいけないなと初めて思えたのです。
それから私の気持ちは180度かわりました。

全てを忘れた訳ではないし、わだかまりはやはり消えません。
それでも、全てを恨み続けた日々よりはずっとよくなりました。
感謝する事ができる様になったからです。

その後、私は主人に出逢い、精神も治り、本当に沢山助けられ、結婚して子供を授かり、今は二人の娘がいます。
子供が主人にパパと甘える姿を見るだけで幸せな気持ちになります。

私にはなかった環境なので、パパがいないと寂しいとか、
パパといたいとか、そんな気持ちは分からないけれど、
そういう環境を作れた事が幸せだなぁと思います。

ここで知ってほしいのです。
親が望む幸せは必ずしも子供も同じではなく、
子供は家族の形よりも、ずっとずっと一回のハグの方が大切です。

大切なのはお父さんと呼ばすことよりも、その関係で、
子供はお母さんの幸せのためなら我慢するってことを知ってほしいのです。

心の底からの安心と愛があればそれだけでいい。
お金で作られた環境よりもずっと愛を与えてください。

甘えられる環境を大切にしてあげてください。
自分が思う家族像や、幸せを子供におしつけないこと。

普通の家族の二倍、会話とハグをしてほしいです。
子供は分からないふりをしているだけで、心は不安で、
子供の考え方はシンプルです。

自分の幸せだけではなく、本当に子供にとって良いかを考えて下さい。どんな物よりも愛が大切です。


そして同じ環境で育ち苦労して大人になり、
家庭をもっているかた。
もうあなたは素敵なパパとママです。
自分と同じ環境にならないように沢山愛してハグを!
沢山の安心を与えてください。
あなたはもう自分の家庭を作れるのですから、
自分の環境を大切にしてくださいね。

少しでもこの記事が誰かのお役に立てます様に…
心から愛とハグを込めて…

この記事を書いたユーザー

Le ciel このユーザーの他の記事を見る

二児のmamaで、旦那は会社を経営しております。
アンシェントメモリーオイルのお店Le cielをはじめました。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら