男性を知るということは、実は女性自身が恋愛を通して
自分を知ることなのです。
そのうえで、「男性をジャッジしない純粋な視点」
で見ることができるようになれば、自分自身のことも、
よりよく理解することができるようになるのです。
では、これらのことをふまえて
「なぜ愛してもらえないと苦しんでしまうことあるのか?」
について、男性脳と女性脳の違いについて、これから学んで参りましょう。

ちょっとその前に、
女には女の愛し方が、男には男の愛し方があります。
女性の場合、自分の「愛しているという表現」を、彼に当てはめてしまうと、ほとんどの場合、「自分は愛されていないのではないか?」
という不安を持つことでしょう。

それもそのはず。
だって、男性の「愛している」の表現は、女とは全く違うのですから。
そんなこと、学校だってお母さんだって、
お父さんだって、誰も教えてくれなかったのです!

そこで、「好きな人に愛してもらえない」と嘆く前に、
そして「好きな人に振り向いてもらえない」とあきらめる前に、
「男性の『愛している』を引き出すステキ女子になる」
とコミットメントしましょう。

私たちは恋愛を通して女性として、
その違いを学び、そして違いを活かした
パートナーシップを構築していきます。

しかしながら、
男性側の「愛している」の愛情表現について理解が出来ていない女性は、
恋に悩み絶望感さえも感じてしまうものです。

ですから「愛し、愛されたい」がために、
自己犠牲による「尽くす女」となって疲弊しきってしまうことから卒業して、
男性の中にある「愛しているのサイン」を引き出し、
気づけること、あなたがありのままでいながら
「愛される女性」になれることを目標にします。

だって、男性と女性では生物学的な特徴から見ても。
正反対といっていいほど「愛情表現」が違うのですから。

それを勘違いしてしまうと、
女性はますます「どうせ私は愛されない女なのだ」
と疑いモードになり、愛されている自信を持つどころか、
女性としての自信を損失し、
まるでハリネズミのようなトゲトゲが出てしまうのです。。。

もちろんそのハリネズミ姿のキグルミを着たあなたの姿は
肉眼的には見えないにしても、
男性はそのハリネズミという「目には見えないトゲトゲ」
を感じ取ってしまうのですよ。
あ~おそろしい(笑)

さて、ここでとても大事なこと、
「全ての男性に共通する真実」をお伝えします。
それは、
「男性は女性よりも傷つきやすくナイーブである」
「とてもシャイで優しい」
「女性に比べて自分を開示することがとても苦手」
であるということです。

基本的に男性は常に「緊張」をしていて、
ちょっとした言動に対しては女性以上に
「過敏に反応」してしまうのです。

私のカウンセリングのお客様の中でも、
「彼の態度が冷たい」「男性が自分の思ったようにふるまってくれない」
などといった悩みがつきません。

しかし、掘り下げていくと、
そういったクールを装っている男性こそ、
とても繊細で敏感で優しい男性が多いのです。

私たち女性はそのナイーブな男心を知らなかっただけなのです。
悩む必要なんて無かったのです!

彼らは実は「無意識にデリケートな自分」を守るために、
ついつい冷たい態度や、
つっぱった態度をとってしまっていただけなのです。


このように、男性は内心、仕事や社会的環境において、
緊張感に包まれているため、
心安らげる場所を探しています。
それなのに女性が「自分は愛されていないのだ」と勘違いを抱き、
彼を疑い、心をハリネズミのような刺々しい状態のまま男性に近づけば、
「俺はあの針で傷つきたくない!!逃げろ!!」
と防衛心が湧き、無意識的に、あなたから逃げ出してしまうのです。

私たち女性が出来る事は、
男性に愛される女性を目指す、とか、
自分がどれくらい彼に愛されているのだとかを確認することではなく、

男性の少ない自己表現の中から「僕は君が大好きだよ」
「僕は君を愛しているよ」というサインを
「発掘(ディスカバリー)」することが最も重要なことなのです!

ハリネズミのような彼を疑う心を捨てて、
男性がもっと愛しやすい「ほんわか」な女性になっていくことなのです。
それはつまり、
彼らの中に秘められた「愛してる」の引き出す女性になる、という事なのです。

「愛してよ!」「愛してる!って言ってよ!」「愛してる!っていう態度をしてよ!と、ハリネズミ姿のあなたを彼に差し出すのではなく。
男性が自然とあなたを愛してしまう
・・・そんな女性を極めていきましょう。







この記事を書いたユーザー

きとう 愛 このユーザーの他の記事を見る

約20年間の医療従事者としての経験を経て、
現在では自己肯定感と愛をテーマに数々のセミナーや講演を行う傍ら、
恋愛や愛に悩む女性に向けてのマンツーマン塾「愛されこころ塾」や、
自身の出産・子育ての経験と長年の医療従事者の経験を活かし子育てや不登校に悩むお母さんに向けての「愛されママ塾」
を開催し、2冊の著書を出版、現在3冊目、4冊目を執筆中。

またカウンセラーとして個別のカウンセリングや、
教育現場において「自己肯定感」について教職員を始め生徒や保護者に向けて講演を行っており、個別のカウンセリングや愛されこころ塾では、日本全国だけではなく、海外からも多くのクライアントが通っており、
人気殺到。

長年の医療従事者としての経験とく、豪州の大学で学び培ってきた心理学・栄養学の知識には定評があり、きとう愛が持つ親しみやすい雰囲気、ユーモアと愛情あふれる会話から、多くのアスリートや芸能人、ダンサー、政界など多くのクライアントが虜となって、きとう愛のもとへ通っている。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 広告
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • 感動
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス