結婚して10年目。「子供を持って家庭を作ろう」将来への希望を共に分かち合って、無事出産したその3日後に夫が他界する運命を迎えようとはきっと誰も予想できないでしょう。

予期せぬ出来事で突然シングルマザーになった女性

Pinned from popsugar.com

海外サイトに「出産して3日後に私は夫を失いました」という手記を発表したのは、ジェシカ・エアーズさん(33歳)。現在2歳になる男の子、ジャックス君のシングルマザーです。

ジェシカさんが運命の人、ジャスティンさんに出会ったのは14歳の時だったそう。ユーモアがあり、知的で、情熱的。そして、音楽のセンスがあったジャスティンさんにすぐに恋に落ちたジェシカさん。

周りは「ティーン同士の恋なんてすぐに冷める」という人もいましたが、ジェシカさんとジャスティンさんの恋は本物でした。高校を卒業した2003年に二人は結婚。それから10年、夫婦である決まり事を作って幸せに暮らして来ました。

出典 https://www.facebook.com

「家族を作るのはもっと先でいい」そう同意し合ったジェシカさんとジャスティンさん。とにかく夫婦二人で結婚生活を思いっきり楽しむことに。

10代とまだ若かったために、お互い共に成長し合いたいと思っていた二人は、旅行で各地を回ったり、一緒に音楽を作ってアルバムを作成したりと充実した日々を過ごしてきました。「いくつか達成したいゴールを二人で作って、それに向けて一緒に生きてきたんです。」と語るジェシカさん。

ところがある日の朝、突然、ジェシカさんの気持ちが変わりました。「赤ちゃんがほしい!」そう思ってジャスティンさんに告げると、ジャスティンさんも同意。早速子作りに励み、結婚から10年後の2013年に妊娠したジェシカさんは2014年に無事、ジャックス君を出産しました。

幸せの絶頂期であった家族

出典 https://www.facebook.com

出産後、1日入院しなければならなかったジェシカさんですが、ジャックス君が生まれて3日に退院し、家族そろって帰宅することができました。

Pinned from popsugar.com

かけがえのない人生のパートナーと、10年間共に成長しながら人生を歩み、今度は家族3人で、これからより一層幸せになろうとしていた矢先に、不幸な出来事が彼らを襲いました。

病院から帰宅したその日の夜、近所住民の争いが原因で発砲した銃弾が庭を突き抜け、ジェシカさんとジャスティンさんのリビングにまで飛ばされてきたのです。

「さよならをいう暇も与えられなかった…」

Pinned from popsugar.com

ちょうど、リビングのソファからジャスティンさんが立ち上がった瞬間に、後頭部を銃弾が貫通。ジャスティンさんはその場に倒れました。何が起こったのかわからないジェシカさんは、生後3日目のジャックスを抱えてパニックになりながらも警察へ通報。

後に警察がジャスティンさんは即死であったことをジェシカさんに伝えました。「夫の脈をとったら、なかったことに気付いたんです。それでも、ダメよ、生きなきゃダメよ!と夫に言い続けていました。唇が真っ白になって、蒼白の状態で床に倒れる夫を見て『ジャックスはまだ生まれて3日目なのに、私はもう未亡人になってしまったの』とジェシカさんには悲しみが溢れました。

「私は、ジャスティンにさよならを言う時間さえ与えられなかった。彼をどれだけ愛しているかも伝えることができなかったんです。涙が止まらず、息子が泣いているにも関わらう1人浴室に閉じこもって泣き崩れたこともあったそう。愛する夫を失った悲しみは、ジェシカさんを「死にたい」と思ってしまうまでにさせたと言います。

「この2年間、多くの人生の選択があった」

Pinned from popsugar.com

生まれたばかりの息子を支えるために、強くならねばとなんとか今日まで生きて来たというジェシカさん。「もう一度私自身を取り戻すことは容易ではありませんでした。」

それだけ愛する人を失った悲しみは深く、ローラーコースターのような感情が渦巻きながら2年間が過ぎたとジェシカさんは言います。「でも、昔のバンドメンバーがもう一度音楽をやらないかって言ってくれて。」今でも夜になると、毎晩悲しみや孤独が襲ってくるそう。それでも、生きている限り、前に進まなければならないのだと自分に言い聞かせています。

「これまで、自分の人生が嫌いになり、悲しみ、傷つき、怒りという負の感情がエンドレスに湧き上がり、全てを投げ出したくなる気持ちになったりする日があれば、喜びを感じ前向きに生きようと思える日もあるんです。毎日、自分の中で異なった感情が湧いてくるんです。その度に、人生を選択しながら生きています。その選択が、息子のジャックスにプラスになることを祈って。」

「人生はゴールのない旅」

Pinned from popsugar.com

音楽という共通の趣味で深く繋がっていたジェシカさんとジャスティンさん。彼が亡くなった直後は、ジェシカさんの中で「音楽は死んだ」とさえ思ったそうです。でも、ジャスティンさんと共有し合った音楽があったからこそ、ここまで頑張って乗り越えられたのかも知れません。

「人生は、まさにエアロスミスの歌詞そのもの。明日にならないとどんなことが起こるかわからない。どんな気持ちになるかもわからない。『人生は目的地のないゴールだ。』この言葉を噛みしめて、私は今日も生きています。」

思いがけない不慮の事故で愛する夫を失くしてしまったジェシカさん。揺れる気持ちと闘いながら必死でこの2年間、ジャックス君を育てて来たことでしょう。サイトに心境を告白することで、少しでもジェシカさんの心の痛みが癒されてほしい。そして愛するジャックス君のためにも、困難を乗り越えて前向きに生きてほしいと願ってやみません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス