年間2000万人を超える訪日外国人。彼らの目的は、時に“日本”を買い、時に“日本”を体験することにある。

中国人の爆買いは、やや落ち着いてきており、購入するものに変化が見られる。

以前は炊飯器が目立っていたが、それが美容家電やドライヤーになり、菓子や化粧品・医薬品へと移り変わっていった。

対して欧米人は、観光や体験を重視する。

変わらぬ人気は、神社・仏閣だが、地方の“日本らしい田舎”や“昭和な下町”にも興味を持ち始めている。観光地ではない、海や山の民宿に泊まったり、レトロな町家を楽しんだりしている。

そんな訪日外国人が次に注目しているのは、「盆栽」である。大自然を小さな鉢の中に表現することに魅了されるようだ。

では、なぜ「盆栽」が知られるようになったのか。

キッカケは、1900年の「パリ万博」。日本は「盆栽」を世界に紹介した。これによって、その存在を知られることにはなったが、注目されるまでには至らなかった。

だが、1970年の「大阪万博」が転機となる。日本庭園に展示されていた「盆栽」を見て、興味を持つ人が急激に増えた。

そこから徐々にではあるが、ヨーロッパで「盆栽」が広まっていったのである。

イタリア・フランスなどでは専門誌も発行され、「盆栽」を販売する専門店も誕生している。フラワーショップやインテリアショップでも買うことができる。

文化として定着しつつあると言っても良い。

そして、現在の日本ブームの中で、一大ムーブメントと言っても良いほど、再注目されているのである。

日本各地の盆栽展示場は、訪日外国人で一杯である。

ある店では、客の7〜8割が外国人で、年間1万人にも上るという。そこで爆買いが起こっているのである。中国人はもとより、欧米人も買い漁っているという。

数百円のものから数千万円のものまであり、1人で数千万円分を買う人もいる。

日本にも当然盆栽ファンはいるものの、どちらかと言えば地味な世界だった。だが、ここに来て大ブームが起こっている。

輸出額も激増している。盆栽づくりに弟子入りする外国人も増えている。

日本人の私でさえ、あまりピンと来ない「盆栽」の魅力だが、何が外国人を魅了するのか。日本の伝統・文化に興味を示す外国人は、どこまで増えるのか。

日本には、まだまだ知られていない伝統・文化がある。

それをひとつひとつ掘り起こしていけば、日本ブームはこれからも続く。

“眠れる日本”を目覚めさせることで、経済を立て直すことができるかもしれない。このチャンスを逃すべきではない。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら