セックスの頻度も満足度も、世界ワースト1位という残念な結果をたたき出してしまった現代ニッポン。婚姻関係にある男女のセックスレス化も止まらず、夫にセックスを拒否されて悩む妻も増えています。そこで今回は、セックスを拒否されている妻に向けて、絶対にやってはいけない3つのNGをお伝えします。

NGその1・下心丸見え?!セクシーな下着に実はドン引き!

セックスレスになったとき、よく言われるのが「セクシーな下着を身につけよう」です。セクシーな下着で夫の性的欲求を刺激しよう!という作戦ですね。

ここで、想像してください。貴女は、夫に男性としての魅力を感じていないとしましょう。その夫が、ある日突然ブーメランパンツを履いて、鼻息荒くベッドで待ち構えていたら?!魅力を感じるどころか、ドン引きしますよね。

そもそも、下着姿に興奮できる関係なら深刻なセックスレスになっていないはず。セクシーな下着でセックスレス解消は、見当違いと言えるでしょう。
セクシーな下着には、男性からこんな意見もあります。

セクシー下着なんてドン引きです。
やる気満々で来られると一気に萎えます。
色っぽさの押し売りほど色気のないものはない。
男がみんな同じだと思うなよ!って感じ。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

パートナーがこのタイプの男性だったら、セクシーな下着は逆効果ですね。

女性の方がHしたい。。。といった根本的な気持ちは常に抱きつつ、はしたなく思われたくない!や恥ずかしい!など、自分があまりHではいけないんだ!といった思いを、どうしても貴方とHしたいといった気持ちが溢れ出てしまうような感じがいいです。
 あまりうまく表現できませんが、そういった意味でコスプレや下着などはHしたいといった気持ちはある意味表現できるかもしれません。でもその迫り方なんです。なれていない方がそういった着衣を身に纏うと、恥ずかしさが出るんですよね。。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

下着に興奮するのではなく、下着を身につけて恥らう姿に、男性は燃えるようです。

セックスレスになってから、セクシーな下着で誘惑するのではなく、日頃から大人の女性らしいセクシーな下着を身につける機会を持ちましょう。すると自然に、しぐさも女らしくなって、夫も惚れ直すかもしれませんね。


NGその2・食べるのが怖い…精のつく料理はプレッシャー!

夫の食生活を見直すことで、セックスにも改善の兆しがあればと考える妻もいることでしょう。亜鉛やマカなどのサプリメントも、精力剤として有名ですね。しかし、あからさまに精のつく料理を並べられたり、「このサプリメントを飲んで!」と強要されては、夫はプレッシャーを感じてしまいます。

精力剤やサプリ攻めでゲッソリ
・「とにかくサプリを飲めと言われて、いろいろ飲まされたのは大変でした」
­・「私の不妊治療専門医院のデータを壁に貼り、栄養食品ジュースを無理やり飲ませる」
­・「精力剤をいろいろ飲まされたことです。どこへ行ってもそのことばかりで、ちょっとやり過ぎかなと思ってしまいました」
­・「体調管理は妊娠するのに重要だとは思うけど、毎日の赤マムシドリンクはツラかった」
­・「毎日、うなぎやすっぽん鍋など、精力のつく料理が大量に出てきたとき」

出典 http://kurashinista.jp

こんなに精をつけさせられたら、逆に体に悪そうですね…。妻は食材の用法用量を守って、夫に正しく摂取してもらいましょう。何より、ふたりで仲良く食卓を囲めば、心の栄養にもなります。楽しい食卓作りをすることも心がけたいですね。

NGその3・ストレス倍増!激怒・発狂・八つ当たり

セックスレスが長引くと、不安になったり悲しくなったりするもの。しかし、「いつするの?!」「どう思ってるの?!」「私のこと愛してないんでしょ!」と問い詰めるのはやめましょう。そのイライラが夫のストレスになることも考えられるからです。

男性の性機能は、ストレス等の目に見えない精神的な要素に影響を受ける事が多く、仕事やプライベートで悩み、常にイライラしてストレスを感じると、そのストレスにより性欲減退を生じ性行為をしようと言う気にならなくなります。

出典 http://three-b.net

男性も繊細なんですね。

人間はストレスが溜まると自律神経が乱れたりホルモンバランスが崩れたりしてしまい、その結果性的欲求も減少してしまうのです。

出典 https://welq.jp

健やかなセックスライフは、健やかな心身から!

とはいえ、セックスレスのイライラを溜めこんでしまうと、妻も辛くなります。そんなときは、カウンセリングで相談をするのも一つの方法です。第三者が入ることでスムーズに解決したり、夫婦の本質的な問題が見えてくるかもしれませんね。

おわりに

「北風と太陽」というお話を思い出してみてください。北風は旅人の服を脱がせようと、強い風を吹きつけましたが、旅人は必死に身を縮め、服を脱ぎませんでした。一方、太陽がポカポカと照らし出すと、旅人は服を脱ぎ捨て、川に飛びこんで水浴びを始めました。

セックスレス解消にも、同じことが言えるのではないでしょうか?

北風のように、夫をどうにかしようと働きかけると、夫の心は閉じてしまいます。
妻である貴女が、太陽のような暖かい笑顔で夫を照らせるように…。
まずは貴女自身が笑顔になる方法を、いま一度、真剣に探してみてはいかがですか?

セックスレス専門カウンセラー 三上かすみ プロフィール

三上かすみ プロフィール
神奈川県在住。
一男一女の母。
パートナーとセックスレスで離婚寸前だった2014年夏。
全肯定!心理カウンセリングを受けて

この記事を書いたユーザー

三上かすみ このユーザーの他の記事を見る

セックスレス専門カウンセラー。セックスを拒否する・される両方を経験。セックスレスに悩む女性のカウンセリングや、レス解消セミナー・ヴィーナスアカデミアを開催中。これまでの常識を覆す、セックスレス解消方法と夫婦円満の秘訣をブログでも発信!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 暮らし
  • 恋愛
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス