さっきまで元気だったのに‥

こんにちは、二児の母りいままです。

子どもってさっきまで元気だったのに「あれ?静かだな」と思い見に行くと、ぐったりして発熱しているってことありますよね。
小児科が開いている時間ならいいのですが、子どもが熱を出すときってもう夜診が終わっていたり、休日だったりしませんか?
そういう時わざわざ総合病院の救急に行くべきか悩みますよね。

発熱以外で特に他に症状がなく眠ることができる、水分がとれている場合は夜間救急に無理に行かせず様子を見るのがいいと思います。

ただし急変したり明らかに様子がおかしい場合、3ヶ月未満の赤ちゃんは重篤な病気が隠れている場合があるので受診しましょう。

病院に行くタイミングと目安

では、どのタイミングで受診をすればいいのでしょうか?
まずは子どもの平熱をちゃんと知っておくことが大切です。
子どもの平熱は36度台〜37.4度と幅広いので、36度台のお子さんが37.5度だと微熱になりますし、37度台のお子さんだといつもよりやや高めかな?程度になります。

しかし保育園や予防接種の基準は「37.5度」なので37.5度以上だとお迎えの要請、予防接種の延期になってしまいます。

37度台で特に他に症状がなく元気にしていたら様子見でも大丈夫だと思いますが、いつもよりぐったりしていたら脱水を起こしていることもありますので、受診して診てもらう方が良いでしょう。

また37度台で比較的元気だけど、鼻水やくしゃみ、咳の症状がある場合は耳鼻咽喉科に受診するのも一つの手段です。
名前の通り耳鼻喉の専門なので我が家はくしゃみが出始めるといつも耳鼻咽喉科に受診しています。

38度以上だとそれ以上上がる可能性が高いので元気にしていても受診する方がいいでしょう。子どもは元気にしていても喉が痛かったり、胃の調子が悪いなど目に見えない症状がある場合があります。

また朝は微熱でも夕方から高熱になる場合も大変多いです。それを見越して午前中に受診するのも一つの手段ですね。

熱型表って?

病院を受診すると、いつから発熱して咳は?鼻水は?下痢は?嘔吐は?など事細かく記入しなければいけないですよね。ぐったりしている子どもの側で、また兄弟分も記入しなければいけないとなると結構大変です。
そんな時に役に立つのが熱型表です。

熱型表

出典かわぐちこどもクリニック

こちらに記入しておけば熱の傾向も分かりやすく、問診票の記入に手こずることもありません。また母親や父親以外の人が病院に連れて行く場合にも便利ですし、家族で子どもの様子を共有するのにも最適な方法だと思います。
熱型表と調べると色々なパターンの表が出てきてダウンロードも出来ますのでコピーしておくと便利ですね。

熱以外の症状〜10項目〜

他に出やすい症状

痙攣(けいれん)
呼びかけに反応が悪い
発疹
目の赤みや充血
鼻水・くしゃみ
耳が痛い・耳を触る・耳の下が腫れる
咳・咳がひどく眠れない
腹痛・食欲がない
嘔吐・下痢
水分が取れない


これらを総合してみるのも大切です。

熱性痙攣(けいれん)って‥?!

子どもが突然白目をむき、左右の体を突っ張らせて、ビクビク痙攣。呼びかけの反応もない‥
我が子がそうなった時冷静な対応ができるでしょうか?
私は幸いまだ未経験ですが、経験した親御さんによると何回起きても最初は焦ってしまうし、初めて起きた時に思うのが「死んじゃう」と思うようです。
「熱性痙攣」を知っていてもいざ目の前で起きるとどうしたらいいのかアタフタしてしまいそうですよね。
しかしここで慌てて状態を見落とさないようにし、できる限り冷静に対処するためにも押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

・日本では6歳未満の子ども10人に1人ぐらいの割合で、1〜2歳児が発症のピーク
・熱が出始めてから24時間以内に起こることが多い
・2~3分で収まることが多い
・熱が2~3日続いてからけいれんが起こった場合髄膜炎や脳炎の恐れがあるので注意
・家族歴が強い

熱性痙攣が起こる原因はまだまだわかってないことも多いですが70〜80%が心配のない単純型熱性痙攣です。

たくさんのことは正直経験を積んでいかないと出来ないと思うので絶対に押さえておきたいこと。

・まずはおちつくこと。
・発作の時間と体の左右差を観察記録する。(ここが重要で医師に絶対聞かれる項目です)
・ 抱っこなどで激しくゆすったり、大声で呼びかけたりしたりしない。

可能であれば
・衣服(首元やお腹)を緩めてあげる。
・嘔吐物がある場合は顔を横向きにして拭き取る。

基本的にすぐに収まることが多いの慌てて救急車を呼ばなきゃ!というわけではありません。痙攣が落ち着いてから病院へ行くので大丈夫ですが以下の場合は救急車を呼びましょう。

・発作が10分以上続く場合
・短い間隔で繰り返し発作が起こり意識障害が続くとき
・初めての発作(特に1歳未満の場合)
・重度の意識障害
・痙攣前後に頭痛や嘔吐、意識障害を伴う場合
・痙攣が左右非対称な場合
・痙攣後に麻痺が見られる場合

子どもの体調不良にいち早く気づき、適切な対応が出来るよう普段の様子を知っておき、家族で共有しておくのが大切ですね。

この記事を書いたユーザー

りいまま このユーザーの他の記事を見る

元保育士で現在4歳児と0歳児の母親。アラサーです。
京都生まれ京都育ち、現在は滋賀県在住で自然豊かな環境でのんびり子育てしています。
食べること、お出かけや旅行すること、楽しいことが大好き!!

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら