出典筆者撮影

わらアートなんて言っても大したことないんじゃ…という
筆者の予想をはるかに超えるスケールとクオリティ。
それもそのはず東京にある武蔵野美術大学と新潟市民の方達
との協働で制作されたアートだったのです。
ムサビといえば数多くのアーティストを輩出している美術大学。
本格的なのもうなずけます。

出典筆者撮影

広大な公園に置かれたサイ。絵になります。

出典筆者撮影

写真は2015年に展示期限ギリギリに行った時のものなので
少し藁がほどけてますが…。
実は「わらアートまつりが」終わってからも
しばらく展示されているのもうれしいところ。

※作品の展示:2016/10/31(月)まで(予定)

出典筆者撮影

10月後半なら新米シーズンも始まります。
秋の新潟へ新米を買いがてら
意外と本格的なわらアートを観に行くのもいいかもしれません。

お祭り気分を味わいたいなら今週末がお勧め。

わらアートまつり

日時:2016/9/3(土)~2016/9/4(日)    
   AM10:00~PM 4:00(4日はPM 3:00まで)

会場:上堰潟公園(うわせきがたこうえん)
所在地:新潟県新潟市西蒲区松野尾1番地

公式ホームページ:http://www.city.niigata.lg.jp/nishikan/event/kanko/waraart2016.html

この記事を書いたユーザー

うにこ このユーザーの他の記事を見る

美味しいモノと綺麗な景色を求めて犬と旅する女です。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ

権利侵害申告はこちら