niconico動画の産みの親として知られる、カドカワ株式会社の川上量生会長が、今年新たに作った学校が話題になっています。

新しいネットの高校「N高等学校」です。

沖縄伊計本校

所在地:〒904-2421 沖縄県うるま市与那城伊計224

出典 https://nnn.ed.jp

N高等学校の沖縄伊計本校は、校舎は普通の学校そのものですよね。沖縄県で元々あった学校を改装して作られたのですが、校舎の中は綺麗で過ごしやすい学校となっています。

これまでの高校のイメージだと学校へ通い、勉強を学んだり、体験していましたが、N高校ではネット上で学ぶことが出来るというのです。一体、どんな学校なのでしょうか?

8/28の「ワイドナショー」でN高等学校についての特集が組まれました。

■入学式

入学式はゴーグル型の機材を装着し、バーチャルリアリティーを利用します。学校は沖縄なので、来場出来ない人はニコニコ動画で参加することができます。

■遠足

遠足はドラゴンクエストでネット遠足を行います。日本全国どこに住んでいても、学校へ通うことが出来て、クラスメイトと一緒にネット遠足に参加できるというのですから、驚きですね。

■授業

業界初となる、ネットの仲間と一緒に受講するという双方向の生授業が行われます。パソコンやスマートフォンで受けることが出来るのですが、先生が一方的に講義をするのではなく、質問をしたい場合には「挙手ボタン」から質問することが出来るのです。他にも感心した時には「なるほどボタン」を使うことが出来たり、自分が書いた答案を先生に添削してもらうことも可能となっています。

高校で使うことはネットで合理的に学ぶことが出来て、余った時間を自分が学びたい専門分野に特化した課外授業を受けられるシステムも確立されていますので、小説家イラストレーターパティシエなど、将来の夢につなげられることを、高校生のうちから学ぶことが出来るのです。

●賛成派の声

学校生活で辛い経験をされたことがあるという方は、弱い立場の気持ちにも寄り添うことが出来るので、賛成という意見を持っている方も多いように感じられます。

●反対派

一方で反対派の声を見てみると、人と接することで学ぶことがありますし、辛いことを乗り越える力を身に付けられるのも学校であると感じますね。

高校生の青春でもある友人との付き合いや恋愛などを経験しないのは勿体ない!という声もあり、高校生でしか経験することが出来ない時間があるということにも納得ですね。

通いたい高校が無いと思っている方や、目標があって効率的に学びたいと思っている方はもちろん、いじめなどにより引きこもりになっている方、高校を中退してしまった方にとっても、自宅に居ながら高校へ通うことが出来るという道が開けることで救われる方もいるように感じられますね。

無理して学校へ通っても、いじめが辛くて自殺を考えてしまう方もいますので、そういった辛い事件を少しでも減らす手助けが出来るようになるのではないでしょうか。

N高等学校の概要

出典 YouTube

賛否両論の意見があるN高等学校ですが、全日制高校と同じ高校卒業資格を取得することが出来て、大学受験も受けることが出来るのです。まだ知名度は低いですが、N高等学校の概要を知ることで、通いたいと思う方も増えるのではないでしょうか。

N高等学校を選んでよかったという生徒もいますので、新しい学校の形としてますます広がっていくことでしょう。

松本人志さんは、「いまいち理解が出来ない・・」と語られながらも、「ネット遠足は思い出に残らないでしょ!」「同窓会ってなったらみんなコレ(バーチャルリアリティー)つけてやるんでしょ」と発言されました。

これまでにない、新しいタイプの学校なので松本さんのように驚きを隠せない方も多いでしょうが、10年後、20年後はN高等学校が当たり前のように浸透しているかもしれませんね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら