「また来たよ台風〜」そんな風に軽く考えていませんか?
台風10号が非常に強い勢力を保持して日本列島に近づいています。台風10号接近に伴い、あなたは備えをきちんとしていますか?あなたの軽い考えで他人に危害を加えてしまうかもしれません。最悪の場合、損害賠償で多額の費用請求も、、、そうなる前に、マンション住まいの皆さんに正しい台風への備え方をお教えします。


1.物干し竿は屋内へ
物干し竿なんて飛んでいかないでしょう、と軽く考えてはいけません。ベランダから階下に落ちてしまってからでは遅いのです。高いところから落ちたら凶器になりえます。


2.植木鉢やプランターも部屋の中へ
こちらも何かあってからでは遅いので、屋内にいれましょう。土草花がベランダに散乱したり、飛ばされます。風とともに土や草が近所に飛んでしまったら近隣にお住いの方に迷惑です。また最悪、植木鉢が飛ばされてしまったら殺人になりかねません。

3.ベランダや玄関先に飛ばされるものはないか確認を
洗濯バサミ、布団ばさみ、ぞうり、スコップやジョウロなど、固定されていないものは全て屋内にいれましょう。

4.屋外の自転車は固定
できればレインカバーをかけ、紐などで固定しましょう。レインカバーをつければサビ防止にもなります。


5.風呂に水をためよう
こちらはマンション住まいの方に限らず、一軒家にお住いの方にもオススメです。非常に強い台風は停電してトイレが使えなくなったりすることもあるため、非常用にお風呂に水を貯めておくと心に余裕ができます。


6.せめて2日分の食料を買い込みましょう
台風が接近しているときに外出することは大変危険です。特に小さい子供がいるご家庭は2日分の食料を買い込んで、台風接近中に外出することを避けましょう。飲み水もお忘れずに用意しましょう。停電して水道が使えなくなった場合飲み水を準備しておくと便利です。


7.窓ガラスには飛散防止シートを
面倒臭いな。と思われる方が多いと思います。私もその一人です。ですが、自分が対策をしていても他人の物が飛んできたり、非常に強い風によってガラスが割れるかもしれません。地震対策にもなります。この機会に重い腰を上げてシートを貼ってみましょう。




以上、備えあれば憂いなし!今すぐ台風に備えて知らない間に他人に危害が及ぶことのないようにしましょう。




















この記事を書いたユーザー

ririna* このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら