先日8月22日に、音楽団体3団体、著名芸能人・人気アイドルグループ・アーティストらによるライブチケットの高額転売を「反対」する共同声明が出されました。

正式な声明が出される騒動となったこのニュースを受けて、どのような経緯がこれまであったのか疑問を持った方も多いのではないでしょうか。
このような状況があることはアーティストのファンであればうすうす気づいて知っていた訳ですが、情報が明るみに出た背景についてみていきましょう。


1.ネットダフ屋の買い占めが行われる背景

昔からライブ当日になると、チケットあるよー、今日のチケットー、的なダフ屋のおじさんがホール入り口近くで直接販売している風景は垣間見ることができました。
例えば、芸術性が高いクラシック音楽、女性ボーカリスト、アイドルグループ、サマーフェスなどのイベントなどジャンルは様々ですが横行は共通です。
「古典的ダフ屋」の販売スタイルは、直接ホール前に出向いてチケットを売っているということで、対面で売る労力は必ず伴っていたわけですが、最近のいわゆるネット転売に関しては、直接顔を合わせなくても転売が可能ということから、販売個人の低年齢化がみられたり、開催するコンサートやアーティストへの理解や音楽性への愛情もなく全く、「商売のためにチケットを売りさばくこと」が目的とされているところがポイントです。
生活のためにという肯定的意見も見られますが、儲かるためなら何をやってもいいのか?あらかじめ連番で枚数を確保しているなど計画性があることから、やり方を習得した一部の人間の行動であっても、この影響を重く見た音楽関係者の意見声明による行動につながりました。


2.入手困難チケットの高騰

対面ダフ屋の場合、大抵は倍くらいの値段設定~オープニングが過ぎたあたりでディスカウントされるといった人間的な対応が昔はよく見られたものですが、巷のニュースによれば、最近一番入手が困難と言われているグループの嵐の定価1万円のチケットが10万円の取引、定価の10倍の値段というのは、ファン層の年代からみてどう考えても高過ぎです。
さらに、ミスターチルドレンに至っては90万円!との常軌を逸したプレミアぶりで、買う方も売る方もクレイジーでは?と言わざるを得ないニュースが流れています。

もともと設定されていたチケット価格1万円が、どのような内訳で設定されているかというところでビジネス的な見方をすると、大まかにみてコンサート会場の設営費用、人件費、販売管理費、広告宣伝費、グッズなどの開発費など様々な側面から巨大プロジェクトとなっていることが分かります。
全く関わりのない個人が異常な割合の利益上乗せで10万円の設定にして売ることが実際可能なので、販売者が値段を勝手に決められるということでオークションに出回り始めました。
買う側がどうしてもそのコンサートに行きたかったら買うだろう、行きたくないなら買わなければよいという価格自由競争の結論付けで、当たり前に高値を設定していますが、ファンがその音楽を楽しみたいと思ってファンクラブに入り、チケットを入手するための手順を踏んだとしても、悪徳販売者の横行でこのことすらままならくなってきているというやむを得ない状況に発展しています。

3.対策

「転売されたチケットであることが判明した場合は入場をお断りすることがあります」と但し書きした看板がコンサート会場入り口に出されることが増えたり、前述の嵐の場合は申込時に本人写真を登録し、入場の際に「顔認証」を行うようです。
PCログインで採用されることのある「顔認証システム」への反応は様々ですが、確実にチケットが入手できることと、本人かどうかの確認が主催者側で可能となることから、ここまでやらなくても・・・ということが今後、そこまでしてもこの音楽を聴きたかったから来ましたの考えに賛同する時代に入ったと言わざるを得ないでしょう。


3.私たちの今後

クラシックの比較的小規模会場のリサイタルでは、ネットで買い占められた連番チケットをさばきることが出来なかった場合、おさえられたチケットの席がまるまる空席のままということがあるようです。このような状態を見れば、演奏側にとってはモチベーションは明らかに下がります。
純粋に音楽を楽しみたいと思っているファンにとっては、明らかに迷惑行為が定着し、我慢を強いられることが多かった事実が明るみに出て今回の意見声明に結びつきました。
常軌を逸した価格設定のチケットは買わない、行きたいコンサートやイベントには出来るだけ早めに行動をするといった出来ることで快く音楽を楽しみたいですね。




この記事を書いたユーザー

じゃすみん このユーザーの他の記事を見る

ヘルシーな毎日、音楽とアート、自由を愛するボヘミアン、
港区のOLから現在は丸の内のOLとして活動中。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス