保育園におけるキャリアパス。
今の時代の素晴らしいシステムだと思う。
やりがい、意欲の向上につながる新システム。
これからの道、道筋が見えてくる新システム。
保育業界がこんな時代に突入したことが嬉しい限りです。✨✨
組織の中で上を目指すか専門性を極めるか。
管理職に向いているか、専門性を極めて指導的立場が向いているかは人それぞれだと思うけど、自分の内側が歓びを感じる方を選ぶことこそが大切であるのだと思います。
そこに焦点をあてて見るならば、自分の内側に聞いてみて、自分のここでの歓び、仕事の歓びは何だろうかと自分自身に触れてみることが大切だと思う。
今日、面談時に若い先生に言いそびれた、自分の歓びをみつめてみること。
休み明けに話してみようと思います。
とても素敵な先生だからこそ。
子ども達も先生をも大切に思うからこそ。
これからの保育園での自分の位置を目指す上でいつも楽しい毎日であって欲しいからこそ。
ずっと先に園の門をぐぐってくる縁ある子ども達を思うからこそ。
保育士が仕事に歓びを感じることは直に子ども達に影響するからこそ。
です。
キャリアパスの仕組みで、ただ上になりたい。という思いだけだとただのエゴに過ぎないし、人を動かしたいと思うだけならいつか壁にぶち当たる。
自分の気持ちの中に触れて歓びを感じることは何なのかを自分自身で突き詰め自分がそれを知るならば本当の意味でのキャリアパスの真意からズレてはいかないと思う。
道筋の中に欲があったとしてもいいけれど、欲の中には、自分がここでどんな資源になれるのかを考えながら毎日を過ごしていき、そこにやる気や意欲、向上心を見出せたなら…お給料がら上がることは大事なこと。
認めらるということは大切なこと。
でもそれだけでは虚しい。
シンプルに…
認められ、歓びを感じ、毎日楽しいこと。
自分の存在、自分の歓び、自分のしたいこと、自分が出来ること、=全ての子ども達の最善の利益になるとしたならば、保育士のキャリアパスは明るく輝く。
小さな保育園ながら最前線の取り組みをしているうちの園。
ちょっと自慢したくなります。
ここからたくさんの保育士が育ちますように。
保育士も子どもも保護者も共に歓びいっぱいの園になりますように。
人材育成に少しでも貢献できたなら…
私の歓びに繋がっていきます。
I love youを全ての人へ。
フローラ

この記事を書いたユーザー

たんぽぽ このユーザーの他の記事を見る

保育士をしています。子ども達と日々過ごす中でのエピソード、保育士として皆さんに伝えていきたいこと、大切にしたいこと、など書いています。
また、自然の美しい写真を撮影し、皆様にシェアしていきます。
よろしくお願いします。Twitterやアメブロもしています。
どちらも「保育士 フローラ」で検索していただけたら嬉しいです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 美容、健康
  • キャリア
  • 感動

権利侵害申告はこちら