宮城県仙台市・秋保温泉に、その小さなスーパーはある。たった80坪ながら、年商6億円を売り上げ、連日開店前から行列ができる店である。

その行列客の目的は、「おはぎ」と「惣菜」である。

おはぎは、1日平均5千個、土日祝日は1万個、彼岸には2万個売れるという、おばけ商材なのである。

惣菜は300種を用意し、おはぎとともに瞬く間に売れてしまう。

おはぎと惣菜を合わせて、スーパー全体の売り上げの50%を占めるというから、驚く他ない。

この店は、スーパー業界で知らない者がいないほどの有名店である。スーパー・コンビニからの視察も多く、研修も無料で引き受けている。

さまざまなメディアが取り上げ、繁盛の秘密は明らかになっている。

もっとも注目すべきは、おはぎと惣菜のすべてが手づくりであること。

社長夫人である専務を中心に、おばちゃんたちが一から手づくりしている。

驚くべきは、レシピもマニュアルもないこと。口伝えで教え、五感で憶えてもらうのである。レシピ・マニュアルに頼ると、失敗した時に「マニュアル通りにした」と言い訳をしてしまう。

レシピ・マニュアルがなければ、すべてが自分の責任となり、逃げ道がなくなる。

その積み重ねが、“経験の味”を生み出すのである。一人ひとりが熟練者になれば、失敗は少なくなる。

さらにこの店は、商品の「ロス率」を限りなくゼロに近づけている。

これまでに蓄積した、天候や気温、客数、売り上げなどによるデータをもとに、その日の客数や売り上げを予想し、ロスをゼロにするのである。

材料の無駄をなくし、売れ残りや廃棄を抑えるように努力している。

一般的には、材料の無駄や売れ残りを想定したロス率を原価に含んだ値つけをしているが、この店ではロス率を計算に入れていない。それが、安さに繋がっている。

そしてこの店は、他のスーパーをライバル視していない。

自身の信じる商品・売り方を実践し、価格競争に巻き込まれないようにしている。

よって、チラシも打っていない。その広告費分も安くなっている、ということである。

効率化を重視するチェーン店とは、真逆の商売をしているのである。客が来ないはずはない。

面白いのは、名物のおはぎを目当てに、遠方から来る客が多い上、秋保温泉の観光客までもが、朝の行列に並んでいることである。そんなスーパーは他にない。

以上が、この店に行列ができている主な理由なのだが、これらは後づけでしかない。本当の理由は、行列に並んでいる客の声に集約される。

『美味しいから』。

おはぎも惣菜も決して洗練されたものではない。おはぎはボテッと大きく、惣菜の色合いは茶色く地味である。

それでも行列をしてまで買いたいと思うのは、『美味しいから』。

普通のスーパーは、「価格に見合った価値」を作ろうとする。

だがこの店は、美味しいもの、客の喜ぶものを作り、納得できる価格をつけて売っている。

同じような意味合いに感じるかもしれないが、まったく逆の発想なのである。

ここを間違えているから、普通のスーパーには行列ができないのである。

“この店は美味しい”。

行列ができている理由は、ただそれだけである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス