大好きなママへ

出典 YouTube

お腹の赤ちゃんがダウン症だと分かったプレママへ向けてのメッセージビデオですが、見る人全てに語りかけるメッセージです。全てのママに響くメッセージではないでしょうか?
生まれてくる赤ちゃんは、やがてママに抱きつくことができるようになり、ママに向かって走り寄って「ママ大好きだよ」って言う日が来ます。学校へ行き、成長し、ママのお手伝いだって出来るようになります。大人になってママをディナーに招待したり、そして独立し。。。困難にぶつかることもあるけど乗り越える力があります。
これってどの赤ちゃんにも言えますよね。子供を抱きしめて大好きだよって言える幸せの大きさに気付かされます。

子供が生まれた瞬間の気持ちを覚えていますか?

Licensed by gettyimages ®

赤ちゃんが生まれた瞬間、多くのママが、「無事に生まれてきてよかった!」「生まれてきてくれてありがとう!」と感謝の気持ちで一杯になったはず。そして、赤ちゃんとの生活は、毎日が初めてづくしで「初めての寝返り」「初めてのハイハイ」「初めての立っち」と出来ることが一つ一つ増え、「あんなことも出来た、こんなことも出来た」と喜びに溢れていたに違いありません。

いつの間にか幸せを計る物差しが変わっていませんか??

Licensed by gettyimages ®

子供が成長し小学校、中学校、高校へと進むにつれて、「有名大学に!」「一流企業に!」といった違った物差しが出てきませんか?多様な生き方がある現代とはいえ、まだまだ「学歴神話」がはびこる社会。学校へ行き出した途端に塾や予備校と「机の上の勉強」を重視しがちではないでしょうか?もちろんそれも親の愛情であることは確かです。勉強ができてマイナスになることはありませんが、常に子供の意思や興味も尊重したいものです…

全ての人は幸せになる権利を持っています。

ビデオの最後は、「全ての人は幸せ位なる権利を持っています。」とのメッセージで締め括られています。私たちは幸せになる権利を持っています。でもその幸せがなにかを忘れては幸せになれません。
ときには、赤ちゃんを迎えた瞬間の気持ちを思い返し、幸せとはなにかを考えることも大切かもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

lady このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 話題
  • スポーツ
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら