保育士さんの一言でイヤイヤ期が好きになった

今から9年ほど前。もうすぐ第二のイヤイヤ期?!いや、思春期に差し掛かってきた長男がまだ2歳くらいだった頃のお話です。

近所の保育園が月に2回ほど園開放をしており、私と長男そして生まれて間もない次男は、地域のお友達親子との交流を楽しみにしながら園開放に通っておりました。
保育士さんと一緒に歌ったり手遊びしたり、親子で製作の時間があったり、最後には手作りのおやつをいただきながらみんなで話したり悩みを相談したり、とても楽しい時間でした。


ある時、私は保育士さんに相談、というよりも愚痴に近い感じで、長男のイヤイヤ期が長くて嫌になってきたことをボヤきました。

出典私のカメラ

1歳半を過ぎたくらいから自己主張やこだわりが強くなり、その成長が喜ばしい反面手こずることも多々あり。そして激しいイヤイヤ期の波が落ち着いたと思うと、また1ヶ月後、2ヶ月後に復活。昨日まですんなりできたことも「いや、ダメ!」、、、
これぞ育児の醍醐味とは思いつつ、「あと何回この波が押し寄せてくるのだろうか。」と遠い目になっていたのでした。

「イヤイヤ期がなんども来る子はね、頭の良い子なのよ。」

「長男のイヤイヤ期が長いんですよー、去ったと思うとまたやってくるんですよー。」と言うようなボヤきに対して、保育士さんはあっけらかんと「あのね、イヤイヤ期が何度も来る子はね、頭が良い子なのよ。」「そうそう!あれはきっと、自分で考える力があるからなんだろうねぇ。」と教えてくれました。

ベテラン保育士さんの経験上の話かもしれないし、ひょっとしたら私を励まそうとして言っただけの何の根拠もない話かもしれません。でも、単純な私はその言葉だけで「あ、そうなの?うちの子は頭が良いかもしれないの?」と、一気にイヤイヤに対して気軽に付き合えるようになったのでした。
何なら「イヤイヤの波、もっと来ーい!」とドーンと構えていられるくらい、あの大変さを楽しみに待てるようになったのです。(はい、単純です。)

すると不思議なもので長男もいつの間にか落ち着き、現在とても理解力のある子になっているような気がします。あくまで親目線です。

そして公園では見知らぬおじいちゃんからの一言で

出典私のカメラ

またある時、3歳になりたての長男とヨチヨチ歩きの次男を連れて公園をお散歩中に、こんなことがありました。

その公園は広いので、犬の散歩をしている人やおじいちゃんおばあちゃんがあちこちにいるのですが、その日も日向ぼっこしている方があちらこちらにいらっしゃいました。

「歌が好きな子はね、歌ってストレスを発散できるからいいぞ」

たまたま長男と私がお気に入りの歌を歌いながら、日向ぼっこ中のおじいちゃんの前を通過しようとした時、突然声をかけられてアドバイスしていただいた一言。
「歌が歌える子はいいぞー!子供もストレスがあるけど、歌が好きな子はね、歌ってストレス発散できるから、これからもいっぱい歌うといいぞー!」
ニコニコと優しそうなおじいちゃんでした。

もちろんきっと、おじいちゃんだって科学的、統計学的根拠があって教えてくれたわけではなく、ひょっとするとおじいちゃん自身が歌が大好きでストレス発散していただけかもしれません。
それでも当時は、まだ赤ちゃんの次男と一緒では長男の満足行く遊び方ができず我慢させることも多々あったので、まさに「長男にとってはストレスになること多いだろうなぁー」と感じていた時期。なのでおじいちゃんの言葉は私の心の中に、ストンとまっすぐ響きました。

それからはもちろん、今まで以上に親子で歌う時間が増えました。
台所仕事や掃除で忙しくなって相手をしてあげられない時でも、一緒に歌うとあら不思議。「ねぇまだー?」「もうちょっと待ってて!」と焦りまくる時間が、親子で楽しい幸せな歌の時間に変身したのでした。

さりげない励ましの言葉と考え方次第で

出典私のカメラ

保育士さんからのアドバイスも、公園で日向ぼっこしていたおじいちゃんの豆知識も、当時の私の育児に対する不安をすーっと軽くしてくれた、魔法の言葉でした。
決して深刻に悩み相談したわけでもなく、公園のおじいちゃんにはその後一度もお会いしていないのですが、その後に続く育児でも何度も救われています。


皆さんも、心が軽くなる魔法の言葉をかけてもらったことありますか?誰からかけてもらいましたか?

読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

ミルクティー このユーザーの他の記事を見る

ご訪問ありがとうございます。息子3人娘1人を元気いっぱい子育て中のお母さんです。毎日ドッタンバッタン慌ただしい自分自身はさておき、皆様にはほっこりとした話題を提供できるよう、気楽に頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス