現在、死者約280人といわれているイタリア中部で起こったマグニチュード6.2の地震。多くの人が衝撃を受けていることでしょう。筆者の住むイギリスでも各メディアが毎日その様子を伝えています。どんな災害ももちろん大変ですが、殊、地震に関しては日本人の私たちはまさに他人事ではないといった心境ではないでしょうか。

見慣れた光景がここでも…

Pinned from metro.co.uk

地震で亡くなってしまった飼い主の棺の傍を離れない犬の写真が英紙『Metro』に掲載され、人々の悲しみが広がっています。亡くなった飼い主の傍を離れないペットの姿というのは、これまでもいろんなニュースで見聞きした方も多いことでしょう。

今回の地震で最も被害が大きかった地域の一つ、アックモーリで命を落とした飼い主がアスコーリ・ピチェーノのジム施設に運ばれてきました。ジムには34棺の棺が納められていますが、この犬は飼い主の棺を知っているかのようにピタリと寄り添って離れようとしません。

各地で被災地への支援が始まっている

出典 https://www.facebook.com

「美食の町」と呼ばれるアマトリーチェも今回の地震で深刻な被害を受けました。そこでイタリアのシェフたちが立ち上がって支援を呼び掛けています。通常、多くの観光客で賑わうこの町は、「アマトリチャ-ナ」と呼ばれるトマトソースのパスタの発祥地。

このほど、ローマ出身のアーティストの呼びかけで「各地のレストランにアマトリチャ-ナのメニューを加えて、売り上げの一部を義援金にしよう」というキャンペーンが始まりました。日本でも海外でも、各地のイタリアンレストランでアマトリーチェの代表パスタが提供されることになり、世界中がイタリアの被災地へのサポート精神を示しています。

アマトリチャ-ナとは

Licensed by gettyimages ®

グアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)とペコリーノロマーノ(羊のチーズ)、白ワイン、チリを使って作るトマトソースのパスタです。日本ではベーコンブロックで代用する人も多いそう。

現在600軒のレストランがキャンペーンに参加

Licensed by gettyimages ®

一皿2ユーロ(約227円)を寄付していくこのキャンペーンには、既に600軒のレストランが参加しています。集められた義援金は、イタリアの赤十字社に寄付されるようになっているとのこと。

現地では「トマトやパスタ、砂糖が足りない」と住民からの要請を受けた地元記者もいるようで、現在、避難所には100人を超える人々が不安な状況の中、仮設テントに寝泊まりしている様子。

イギリスでは、庶民派調理人のジェイミー・オリバーもこのキャンペーンをイギリス国内で行っています。彼の弟子700人がそれぞれのレストランでこのキャンペーンに積極的に参加しており、ジェイミーも「きっとたくさん義援金が集まると思う。消防署の人たちや食料、仮設費用、医療費などに宛ててもらえれば」と語っています。

古くから続く歴史の町、アマトリーチェでは地震が起こった時、毎年行われるフードフェスティバルの準備の最中だったそうです。美しい街が見る影もなく崩れ去ってしまう姿は、私たち日本人も記憶に新しく本当に胸が痛みます。

日本のレストランで、アマトリチャーナを注文するだけでも被災地の人たちを応援することができます。こういう時にこそ、各地で力を合わせて復興に協力したいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら