今や高齢出産は3人に1人!!

連日のようにタレントさんや、芸能人の方の妊娠、出産が報じられていますね。
特に高齢出産で不妊治療もされていた東尾理子さんのご懐妊は印象的でしたね!

そんな報道のせいか、妊娠、出産は簡単にできる、あの歳であの人もできているのだから当たり前だと考えてしまう子も少なからずいるのが現状です。


そもそも高齢出産とはどんなことかというと、統計上または医学上、女性が35歳以上で子どもを出産することです。

以前は30歳以上の初産婦が高齢出産と言われていましたが、30歳以上の初産婦が増えたことや、諸外国でも同様の定義がなされているため、1991年頃から35歳に引き上げられたそうです。
女性の初婚年齢が徐々に上がっている現在、初産年齢も上がっていても不思議はありませんよね。

流産率が40%にも!?流産率が年齢により上がってしまう現実…。

さて、高齢出産となる35歳を迎えたときに立ちはだかる壁がいくつかあります。
その一つがそもそも妊娠できるのだろうかという問題です。

受精率や着床率などを20代と比較した場合、35歳を超えると半分程度まで下がってしまうそうです。
一般的に女性の妊娠力が下がり始めるのは、33歳以降と言われ37~38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下するようです。
原因の一つとして、「卵子・精子の老化」があります。いつまでも若い気持ちでいたいですが、体はウソをつくことはできないんですね。

自然と妊娠することが難しくなり、不妊症を受け入れ治療をしていく女性も増えているというのはこんな背景があるのです。


もう一つの大きな問題は流産や早産などのトラブルのリスクが高くなるということです。全年齢を対象とした流産リスクは15%前後ですが、35歳以上の妊娠の場合流産の確率は25%、40歳代では40%にもなると言われています。

高齢で妊娠した場合、卵子が老化は避けられず、どうしても妊娠の確率が落ちます。
加えてその受精卵にトラブルが起こりやすくなるのです。
よって高齢での妊娠の場合、流産や死産は珍しい事ではないのです。

何度妊娠しても受精卵にトラブルが起きてしまい流産を繰り返してしまう不育症の女性も増えている現実がここにはあるのです。



デメリットだけでなく高齢出産によるメリットもある!!

高齢出産には、妊娠率や、流産率が上がってしまうといったデメリットばかりが目立ちますがもちろんメリットもあります。

比較的に落ち着いた30歳代で出産を迎えれば金銭的にも精神的にも余裕を持って子育てできます。
20代のまだ若い時期に妊娠して子育てに専念するよりも、30歳代になり余裕がでてから出産した方が心残りなく子育て専念できて良かったというママさんもたくさんいます。
出産すれば旅行やお出かけは限られてきますから、遊び尽くしてから子育てしたいという気持ちもわかります。

また、出産した友人からアドバイスをもらうなどたくさん知識のある中で子育てできるというのもメリットですよね。

高齢出産によるメリット、デメリットも受け入れた上で納得いく選択を。

いかがでしたでしょうか?
高齢出産によるデメリットは心配なものも多いですが、そろを受け入れた上でメリットを生かした選択かできるといいですね。
全ての人が納得のいく妊娠、出産ができることを願わずにはいられません。

この記事を書いたユーザー

悠希りも このユーザーの他の記事を見る

元保育士で不育症持ち天使ママです。
4回の流産を経てやっとママになれました。
地上に愛息子と、お空に4人の天使がいます。
不育症や、妊活、妊娠、そしてスピリチュアルについてブログにしていきます。

得意ジャンル
  • 話題
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら