【 親御様へのプレゼントについて 】

1. 親御様へのプレゼント(記念品贈呈)とは

親御様へのプレゼント(記念品贈呈)とは、ご披露宴のクライマックスシーンで、新婦様のお手紙の後に親御様にお渡しするお品物のことです。

もちろんプレゼントをお渡しされないケースも多々ございますので、プレゼントをお渡ししなくてはいけないわけではありません。


通常は、

花束をお母様へ、ブートニアをお父様へ

お贈りされるのが一般的でしたが、

昨今は、

花束をお母様へ、プレゼントをお父様へ

という方々が増えております。


私自身司会者として、新郎新婦のお二人から、花束以外のプレゼントについて、アイデアを求められたり、ご相談を受けることも多々ございます。


恐らく、花束だけをお渡しするのは普通だと考えるお二人が増え、お二人らしさ溢れる贈り物をしたいと考える方々が多くなっているのだと思います。

2. オリジナリティ溢れる贈り物

実際にプレゼントをお渡しされる場合は、そのお品物を選ばれるのに新郎新婦のお二人は大変悩まれると思います。


当然、「お二人のオリジナリティ」と言った観点からお品物とそのお品物に込められた大切な想いがあってこそのプレゼントとなるわけです。


その大切なプレゼントの一例と致しましては、

お酒(シャンパン・ワイン・日本酒・焼酎等)

旅行券

夫婦湯呑み茶碗

ウエイトドール、ウエイトベア、ウエイトライス

写真立て

時計

子そだて卒業証書

額入の唄や詩



等々。


その他にも会場やブライダル会社が提案されている様々な演出を含めたプレゼントなどもあるため

「この会社(会場)のこの演出がどうしてもやりたかった!」

とおっしゃるお二人もいらっしゃいます。

3. 伝えたい その“想い”とは…

ご結婚披露宴にご参加されたことのある皆様であれば、ご披露宴のクライマックスシーンということもあり、プレゼントの種類というよりもお二人の想いに関する内容が印象に残っているのかもしれません。

では、

お二人が親御様に伝えたかった大切な想いについて事例を基にお話を致しましょう。


ウエイトドール、ウエイトベア、ウエイトライス

これらは、新郎新婦のお二人が産まれた時と同じ重さで作られており、そのドールにお二人それぞれのお名前、お誕生日、産まれた時の体重が刻まれています。

新郎新婦のお二人との事前のお打ち合わせで産まれた時のご様子をお聞きしておりますと、

待望の初孫で皆に可愛がられて育った

書道家の叔父に命名して頂いた

泣き声がとても大きかったらしい



微笑ましいエピソードがある中で

未熟児で産まれたため両親にすごく心配をかけた

母がバスで破水して大変だった

産まれてすぐに病気になった

等々

お聞きすることもございます。

しかし、その壮絶なドラマを超えて成長されたお二人は、本日の大切な日を迎えることが出来たのです。

産まれた時、大きな喜びと共に抱っこされていた赤ちゃん。

ウエイトドール、ウエイトベア、ウエイトライスは、そのお子様が産まれた時と同じ重さで作られており、その重みを今一度、抱きしめられるのです。

お子様が立派にご成長されましたお姿に親御様の感動もひとしおでいらっしゃるご様子を拝見致します。

その晴れやかな表情やご様子から今までのご家族の大切な想いがゲストの皆様にも伝わりまして、会場全体が感動に包まれるのです。

4. お二人らしいプレゼントであることが大切

前述のように、新郎新婦のお二人が、

「今まで大切に育てて下さいました感謝の想い」

そして

「これからも新たな家族とともに親御様と強い絆を持ち続けたい」

などの一言では言えない大切な想いをプレゼントに託して親御様へお贈りされる「親御様へのプレゼント」。


是非、お二人らしいプレゼントを見つけられ、大切な感謝の想いをお伝えしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

minami このユーザーの他の記事を見る

司会、ナレーション、話し方講師。
趣味は、神社仏閣巡り・御朱印集め、旅行、バレエ、読み聞かせ、カラオケです。
焼肉、ジャニーズ、ワンピース、キティ、七福神が大好き!

得意ジャンル
  • 育児
  • 恋愛
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス