現役助産師で、ベビーマッサージセラピストの秋元です。

子供が生まれたら、働き方を変える女性がいま増えています。
皆さんはどうですか?
妊娠して退職したり、フルタイムで保育園を利用しながら働き続けたり
パートに切り替えて扶養範囲内で働いたり…
人それぞれ、考え方それぞれなので
いろんな働き方があっていいと思うんです。

今日は、私の働き方について少しお話をしたいと思います。
少しでも悩んでいる方の手助けになればいいなと思っています。

私は、出産前は助産師として総合病院でフルタイムで働いていました。
しかし、出産後は1年間の育児休暇をいただきましたが、復帰する前になり、保育園に入れないかもしれないということがわかりました。
しばらくは、夜勤はしないときめていたので日勤のみ希望し、復帰予定でした。しかし、子供の誕生日の月が5月で4月の保育園入所には難しいことが分かったのです。
泣く泣く復帰を早め、子供を保育園にあずけ復帰をしましたが、朝早くから夜遅くまで働き、子供は保育園になれず毎日ストレスでないてばかり。
壁に頭をぶつけたり、夜泣きが激しくなったり、親子ともども泣く日々をすごしていました。
こんな状態では、絶対に子供に悪影響をあたえてしまう…
悩みに悩んだ結果5年間勤務した病院を退職します。
しばらくは、自宅にいて子供と一緒の時間を過ごしました。けれど、子供との時間を大切にしつつ、助産師としての経験もいかしたい、地域のママたちの力になりたい!と思うようになりました。
現在は、週3回の助産師のパートをしながらベビーマッサージ教室を開いています。
病院でのママの声を地域で活かし、地域でのママの声を現場に還元する。
もちろん収入は減りましたが、私は今の働き方にとても満足しているし、毎日を楽しんでいます。
みなさんが働き方に悩んだとき、自分はどうしたいのかを考えてほしいのです。
選択肢は私たちが思っている以上にたくさんあります。
周囲の意見も参考にしながら、自分の納得のいく答えを見つけてみてください。
すべてを決めるのは自分なのですから。

この記事を書いたユーザー

Yasuyo Akimoto このユーザーの他の記事を見る

病院で現役助産師として働く傍ら、ママと赤ちゃんの力になりたいとベビーマッサージ教室HugComeを開業。“ママと赤ちゃんの幸せのために”をモットーに助産師ならではの視点でいのちをはぐくむベビーマッサージをお伝えしています。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら