肌トラブルの救世主「手ぬぐい」

子どもの頃から肌が弱かった私は、皮膚が薄く、赤みを帯びた頬がコンプレックスでした。大人になってからもデリケートでかぶれやすい肌は変わらず、さまざまなコスメ用品や洗顔法を試しては、悩む日が続きました。
そんなころ、祖母の介護で入浴の介助をするとき、祖母が手ぬぐいと石けんで顔も体も洗う姿を見て、幼少時代を思い出したのです。


幼いころ、手ぬぐいと石けんを抱え、祖母と銭湯に通ったものでした。
祖母は湯船に入る前に、まず洗面器にお湯を張り、手ぬぐいに石けんを泡立てて、顔から体まで一気に洗っていました。
当時、祖母はまだ50代。お化粧をしていましたが、クレンジングをするところを見たことがありません。
博多人形のように透き通った白い肌。シミ一つない美肌。マシュマロのように柔らかい肌。晩年までつややかな肌をしていた祖母が、日々行っていたのが「手ぬぐい洗顔」だったのです。

祖母の介護で思い出した「手ぬぐい洗顔」を続けるようになって、すでに20数年。トラブル続きだった私の肌は、みるみるうちに回復し、現在では自分にぴったりの美容法だと確信しています。
祖母のスキンケアをもとに生まれた「手ぬぐい洗顔」。
古き良き日本の美文化を、伝えていきたいと思います。

フジテレビ「バイキング」でも紹介していただきました!

ネットやテレビでも、たくさん紹介いただいていますが・・・
今回はやり方を詳しくわかりやすく紹介します。

手ぬぐいと固形石けんがあれば直ぐできる!

必要なのはこれだけ!

準備するもの:*手ぬぐい(できる限り無地に近いもの・無蛍光生地を推奨)*固形石けん

洗顔法:
①メイクを落とさず、そのままの状態で顔をぬるま湯で濡らします。メイクが濃い目で不安がある方は、一旦クレンジングを使用してからでも良いです。

②ぬるま湯で手ぬぐいを濡らして軽く絞ります。まぶたの上から下に向け、やさしく拭うようにアイメイクを拭き取ります。擦らないように注意してください。

やさしく拭うようにがポイント!

出典日本文芸社:今日から肌が生まれ変わる「手ぬぐい美容」

この時点でアイメイクがきれいに落ちていなくても大丈夫です。
この後の洗顔で、きれいに落していきます。

③手ぬぐいを再度濡らして、石けんをつけて泡立てます。

泡洗顔のようにモコモコ泡でなくて大丈夫です。
手ぬぐいの表面に石けんの泡が覆う感じでOK!

④手ぬぐいで円を描くようにクルクルと動かし、やさしく撫でるように洗います。
この時、絶対に擦らないようにしてください。肌の上で泡を滑らせるように洗ってください。

出典日本文芸社:今日から肌が生まれ変わる「手ぬぐい美容」

⑤小鼻まわりや顎などの毛穴の汚れが気になる部分は、指先に手ぬぐいを巻きつけると細かいところまで洗えます。

出典日本文芸社:今日から肌が生まれ変わる「手ぬぐい美容」

⑥顔全体を洗い終えたら、ぬるま湯ですすぎます。すすぎ残しがないように丁寧に洗い流します。最後に、冷水で肌を引き締めてください。

出典日本文芸社:今日から肌が生まれ変わる「手ぬぐい美容」

最後に、手ぬぐいはしっかりと水洗いして陰干ししてください。

洗濯機で洗うことは禁止です。洗濯洗剤は蛍光剤が入っているので、肌トラブルの原因になり兼ねません。必ず、手洗いしてください。

手ぬぐい洗顔 公式

出典 YouTube

手ぬぐいのピーリング効果にも注目!

手ぬぐいはピーリング効果もあるので、洗顔をはじめ角栓対策、ニキビ対策、アンチエイジング対策・・・角質ケアなどなど、いろいろな美容法もあります。

正しい手ぬぐい洗顔を行うにあたって

手ぬぐい洗顔は、クレンジング要らずの簡単お手軽な洗顔法です。
江戸時代の女性たちが行っていた、伝説の洗顔法!!
手ぬぐいはピーリング効果もあるので、つるんとした卵肌も夢ではありません。
そこで・・・
使用する手ぬぐい選びが最も重要になってきます。
キメが粗い手ぬぐいは× 肌を傷める原因となります。
擦りすぎ× 肌を傷つけしみやシワなどの原因となります。
色柄物のカラフルな手ぬぐい× 染料が肌トラブルの原因となります。

出来るだけ無地に近い手ぬぐいを選んでください。

色柄物手ぬぐいを使うと・・・肌トラブルの原因に!!

出来る限り無地に近い手ぬぐいを使用しましょう。

出典 http://www.amazon.co.jp

この記事を書いたユーザー

たかべ しおり このユーザーの他の記事を見る

日本初の手ぬぐい美容家として活動中!!古の知恵に学んだ「手ぬぐい」を使った美容法を、たくさんの方々に知っていただければと思います。簡単、お手頃、身近なもので長続きできる美容法をはじめ、お役立ち情報を発信しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら