なんともユーモアあふれるニュージーランドらしいニュース。

ニュージーランドは、8月19日時点でボートで2つ、その他にセイリング、カヌースプリント競技で金メダル獲得数が4つである。

そこでなんと、、、

リオ・オリンピックのスポンサーでもあるANZ銀行は金メダルを祝福し、ニュージーランドの選手が金メダルを獲得するごとに各地のATMを金色装飾すると発表したのだ!

第1号となったのは、ボートペアで金メダルを獲ったEric MurrayとHamish Bond。

Hamishの出身地であるOtago 300 George St, Dunedinに設置されているATMが金色になった!次は、Eric の出身地であるCambridgeのATMを金色にする予定とのコト。

その他にも、ボートでMahe Drysdale、カヌースプリントでLisa Carrington、そしてセイリングペアでPeter BurlingとBlair Tukeがゴールドメダルを獲得しているため、各選手らの出身地ATMが順次金色に装飾されるだろうとのこと。

なんとも直球でシンプルなアイデアである。

日本人からするとお堅い銀行がそんな事を!と感じてしまうが、祝い事はとことん祝う、ユーモア溢れるニュージーランドの国民性が垣間見える。しかし、金のATMからでてくるお金は縁起がよさそうですね!

この記事を書いたユーザー

ToastieBoys このユーザーの他の記事を見る

ニュージーランド在住。現地のリアル情報を独自視点でお届け。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス