テレビがなくても携帯のワンセグがあるなら受信料を払ってください

突然訪問されたNHKの職員にこう言われたことがある方も多いのではないだろうか?
ネット社会となった昨今、家にはテレビを置かない若者の一人暮しも増えたであろう。
しかしNHKはこれまで、携帯電話のワンセグも受信機器にあたるとして受信契約の締結を義務付けていた。

しかし26日、ワンセグに支払い義務はないと判決が下る

放送法で定められた「受信設備の設置」にワンセグつき携帯電話はあたらないという判断をさいたま地裁は示し、この場合受信料の支払い義務は発生しない。

解釈の誤りだ

NHK広報局は「判決は受信設備の設置についての解釈を誤ったものと理解していて、ただちに控訴します」というコメントを出している。

これからも徴収は続けていく

判決を不服としたNHK側は即控訴し、これからもテレビを持たないワンセグ付き携帯の所有者に対して今まで通り受信料の支払いを求めていくつもりだ。
国営放送法である以上、受信契約を結んだ人にのみ放送を流すというのは難しいのかもしれない。しかしワンセグ付き携帯やカーナビ、パソコンなど、どうにかして受信機器を見つけ血眼になって受信契約を締結させようとする姿勢はどうなのだろうか。
今後もNHKの動向が気になるところだ。

この記事を書いたユーザー

めろちゃん このユーザーの他の記事を見る

一児の母として子育て奮闘中。
節約生活をしつつアイドルやおもちゃ、漫画などにはまってます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 育児
  • 料理
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら