テキサス州アマリロに住むシャーレン一家は、今年の学校初めは悲しみにあふれるものとなることを覚悟していました。今年は初めて初日にお父さんが一緒に来てくれないのです。

アメリカでは新学期が8-9月に始まります。初日は「first day of school」といって、どの家族にとっても特別なものです。子供たちは新品の洋服を着て新品のバックパックを背負い、親にエスコートされて新しい学年の教室に向かうことがほとんどです。

でも今年はシャーレン家のお父さんはいません。警察官だったジャスティン・シャーレンさんは、2週間前に殉職したのです。

そこで、心細い思いをしているだろうジャスティンさんの子供たちために、アマリロ警察署に勤めるジャスティンさんの同僚警官たちが立ち上がりました。みんなで学校に行き、お父さんの代わりに子供たちを見送ってあげたのです!

出典 http://fox8.com

お父さんの同僚に囲まれて教室に向かうジャスティンさんの息子のジャクソン君。

出典 http://abcnews.go.com

20人以上のお父さんの同僚たちに見送られ、ひとりひとりとハグを交わす息子ジャクソン君。

お父さんを失い、きっと色んな面で大変であろうシャーレン一家、力強いサポートが嬉しいですね。こんな心優しい同僚を持つお父さんの人柄も窺い知れます。困ったとき、力が必要なときにサポートしてくれる人がいるのはとても頼もしいことです。
シャーレン家の子供たちの新学年が素晴らしいものとなりますように。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

華子 このユーザーの他の記事を見る

アメリカ在住かれこれ合計10年以上。国際結婚。30代子持ちのワーママ。

得意ジャンル
  • 話題
  • 海外旅行
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら