本人に匂いの事を伝えるのも難しいので、我慢をしている人も多いようです。

そして、敏感な人にとって辛いのは、香りを発する本人がいなくなっても、
その人が座ったイスに匂いが残っていたりして、香害が続くこと。
うちに遊びに来てくれた方も匂いが強くて、何日もソファに匂いが残り、
必死になってソファを水拭きした事があります。
マンションなどでは、下の階や隣のベランダから匂いが入り込み
体調を崩す人もいるそうです。
私のオススメ対策法は、充電式の扇風機をベランダに設置するということ。
置場所や角度を調整して、近隣から室内に流込む匂いを空気の壁で
ブロックします。

扇風機本体、充電池、充電器と揃えると結構な出費ですが
効果はありましたよ!
お隣が洗濯物を干すと同時に、扇風機をベランダにセット。
主にお隣りに近い窓のそばに外に向けて強で回します。
確かに電気代は気になるところですが、家のなかに侵入する匂いの大半は防げます。

この記事を書いたユーザー

あさこ このユーザーの他の記事を見る

子育て世代視点の社会問題を主に記事にしています。
自身がアスペ傾向なので、発達障害の話題も収集しています。
食過敏、アレルギーなども話題も

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら