イタリアを旅している「まさらっき」さん(@masarakki)が、フィレンツェの街で見かけた、ある名物をTwitterに公開されていました。

フィレンツェの素敵な街並みや美しい芸術作品、その他にもイタリアならではの美味しそうなグルメの写真などをツイートされている「まさらっき」さん。

ジェラートですかね!?美味しそう!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

パニーニ?これまた食欲をそそりますね!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

飯テロ必至のグルメをツイートしている「まさらっき」さんですが、「フィレンツェにきた実感が沸々わいてきますね」というコメント共に、ある“フィレンツェ名物”を発見しました。

フィレンツェ名物といえば、前述のツイートでも出てきたパニーニや、日本でもおなじみのラザーニャなどがありますが、一体どの名物が売られていたのかというと…

フィレンツェ名物もつ煮込みサンド!

でかでかと目立つ看板には、確かに「フィレンツェ名物 もつ煮込みサンド」と日本語で書かれていますね…。

まさかフィレンツェに日本語で書かれたこんな看板があるとは…思いもしませんでした…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

一体どんなサンドなのかというと…

こちら!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

これは想像していたのと少し違いますが、たしかにもつ煮込みサンドですね!「まさらっき」さん曰く、「完全にモツ煮込み」とのことです(笑)美味しそう!

これは…モツバーガー!?

こちらのツイートを見て「モツバーガーやな」などというコメントも挙がっていましたが、たしかにモスバーガーならぬモツバーガーですね!(笑)

もつ煮込みは、本当にフィレンツェ名物だった!

実は、もつ煮込みは「ランプレドット(Lampredotto)」と呼ばれる、牛の第4胃(ギアラ)を野菜で煮込んだ、イタリアのB級グルメで、れっきとしたフィレンツェ名物なんだそうです!

フィレンツェの裏道の広場などに出ている車の屋台なんかで売られていて、昼時になると地元の人たちで大人気なんだとか!

しかし…まさかフィレンツェで日本語の、しかも「もつ煮込みサンド」なんて看板が出ているなんて…。

これは、ランプレドットを食べに、そしてこの看板を見に、フィレンツェに行きたくなってくる人がいるかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス