意外と知られていない不育症の芸能人

先日はタレント森三中の大島さんが無事に第一子を出産しましたね。妊活の上に可愛い我が子を抱く大島さんは幸せそうでしたね。
妊活を公言するタレントさんや、東尾理子さんをはじめ、不妊症を公言する芸能人やタレントさんも少なくはありません。


しかし、『不育症』を公言する芸能人はまだとても少ないのが現状です。

数回の流産の末に出産した梨花さん

モデルやタレントとして活躍していた梨花さんも実は不育症だったということが自身のブログに書かれています。
梨花さんは、原因がわからず流産を繰り返してしまうタイプの不育症で特に治療はせずに妊娠、出産に至ったようですが顔面神経痛にまでなってしまったようです。

2011年の時点のお話ですがまだまだ不育症は専門の病院も無く認知度も低い症状のため苦労されたようです。
不妊症も不育症も精神的なダメージが大きいため一人一人にケアが必要になります。
梨花さんも書かれていますが、周りの家族や友達の精神的な支えで心が軽くなったとありますので周りがケアしてあげられると良いですね。

梨花さんは2011年11月に難産の末無事に出産したそうです。

抗リン脂質抗体症候群と闘い無事に出産した間下このみさん

写真家の間下このみさんも不育症を公言する人の一人です。
結婚、妊娠するものの6か月で死産。
再び妊娠5ヶ月であることをホームページで公表すると同時に、難病(特定疾患)の「抗リン脂質抗体症候群」に罹患していることを告白しました。

抗リン脂質抗体症候群も不育症の原因の一つで自己免疫疾患のひとつ。全身の血液が固まりやすくなり、動脈塞栓、静脈塞栓を繰り返す疾患です。

このみさんは血栓予防の注射を毎日打ち続けるなど闘病を続ける中、同じく特定疾患である「全身性エリテマトーデス」の症状も併発。2007年に予定日よりも約1か月早く緊急入院し、全身麻酔、帝王切開により無事女児を出産しました。

現在は、不育症や習慣性流産、血栓症などを引き起こす病気について本を執筆、出版などもしているようです。

不育症の原因は一つではない。

公に不育症と公言しているのは上の二人ですが、歌手の絢香さんも不育症の原因となるバセドウ病を患っていましたね。
絢香さんはバセドウ病を治し、無事に出産しています。

このように、不育症といっても病気の種類は様々で梨花さんのように検査しても原因がわからない場合もあります。

流産、死産は女性にとって耐え難い経験の一つですから不育症ですとは中々公言したくないですよね。
そんな中でも、不育症のことを少しでも知ってもらいたいと発信してくれた梨花さんや間下このみさんは貴重な存在です。


もしかしたらあなたの知っているタレントさんの中にも不育症に悩んでいる方がいるかもしれませんね。


この記事を書いたユーザー

悠希りも このユーザーの他の記事を見る

元保育士で不育症持ち天使ママです。
4回の流産を経てやっとママになれました。
地上に愛息子と、お空に4人の天使がいます。
不育症や、妊活、妊娠、そしてスピリチュアルについてブログにしていきます。

得意ジャンル
  • 話題
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス