切ない記者会見でしたね。高畑淳子さんの姿が痛々しかった。。。
 子供の成長だけを願い、ただただ必死に仕事をして来たのに・・・こんな形で親子が向き合わなければならないなんて。。。
 ただ情報番組では、今回の事件の被害者にとってはあの記者会見は気分が悪いだの、仕事をこのままやり続けるのかだのとひどい言葉を投げつけている人もいましたね。被害者にはそんなことができないような事件なのだから、有名人の上に加害者が余計なことをするなということのようでした。結局子供に対して訴えかける記者会見でしかないではないかと。
 分かる気もします。しかし、謝罪会見をしなければ納得するのか?
 さらには裁判にまだなっていない事案について、市井で徹底追及し断罪するべきなのか?
 どうも個人的には異様にマスコミも盛り上がっているように感じて、違和感を覚えます。確かに性犯罪者は珍しい事案かもしれませんが。
 ただ高畑さんが必死に息子さんを売り込んでいたということが、一概に親バカだからとは言えないと思うのです。私も同じように高齢出産組ですが、子供の将来について常に先へ先へと焦ってしまいがちです。早く一人前になってほしい、親としていつまでも元気で見守ってやれないだろうからという意味で。親の勝手と言えばそれまでですが。。。
 確かにこういう育て方にマイナス要素はあると思います。私も気を付けなければいけないなと、今回の高畑さんの子供さんのことで自戒しています。でもこれ以上の高畑さんへのバッシングは被害者の方にとってもプラスにならないように思います。静かに結果が出るまで、マスコミの方も待ってほしいなぁ。

この記事を書いたユーザー

再遊 このユーザーの他の記事を見る

日々気付いたことや感じたこと、学んだこと、着物についてや社会問題など、自分なりに考えたことなどを綴ってまいりたいと思います。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • キャリア
  • ニュース

権利侵害申告はこちら