初めての子育てでわからないことがいっぱいあると思います。そんな中でも赤ちゃんのオムツかぶれは意外と頻繁に起きたりします。可愛い我が子のお尻が赤くなってるのをみると心配になりますよね。
病院に行けばすぐに解決することですが、薬に頼るのはちょっと...と思っている方もいらっしゃると思います。病院に行く前に家でできる対策をしてみませんか?
そこでオムツかぶれをした時に役に立つアイテムや予防方法をご紹介します!

オムツかぶれの原因

オムツかぶれとは皮膚が炎症を起こしている状態のことです。
赤ちゃんの肌はとてもデリケートなのでおしっこやうんちなどの刺激でオムツかぶれをおこしてしまいます。
また汗などで蒸れたり、動いてオムツがこすれたりしてもかぶれの原因になります。

ドレッシングボトルを使う

オムツかぶれをおこしている赤ちゃんにおしりふきを使うと痛がって泣いたり暴れたりします。
そこでおしりふきは使わずに直接お尻を洗ってあげられるものを用意します。
画像は専用のお尻を洗うものですが、100均などで売っているドレッシングボトルでも十分代用が可能です。
お尻を洗ってあげた後はしっかり乾燥させてあげましょう。

霧吹きを使う

霧吹きを使うのも効果的です。ぬるま湯を入れて吹きかけてあげたら優しく吹いてあげましょう。おしりふきだけよりも拭きやすくなります。お尻を拭くときは擦らず押し付けるようにして拭くと赤ちゃんも痛くありません。
この時も拭いてあげたとはしっかり乾燥させてあげましょう。

ワセリンを使う

お尻をきれいにしてあげたとはワセリンや馬油などで保湿をしてあげるとよりいいと思います。
油膜が保護をしてくれるのでうんちのこびりつきやオムツの擦れなどを予防してくれます。
お風呂やシャワーで清潔にした後も塗ってあげるとよいでしょう。

こまめにオムツを換えてあげる

一番の予防はオムツをこまめに交換してあげることです。
おしっこやうんちをして放置してしまうと、その分お尻が刺激にさらされている時間が長くなってしまいます。
お尻かぶれを予防するためにもこまめに交換してあげた方がよいでしょう。

最後に

ご紹介した方法はオムツかぶれが軽い時に対処する方法です。かぶれがひどい時やなかなか治らず長引いたりしてしまっている時はは迷わず病院にいって薬を処方してもらいましょう。
でもまずはオムツかぶれが酷くなる前に予防してあげると赤ちゃんもお母さんも辛い思いをしなくてすみますよ!
オムツかぶれが軽い時は家にあるものでいろいろ代用ができるので試してみて是非試してみてください。

この記事を書いたユーザー

nanami このユーザーの他の記事を見る

現在1歳の娘を子育て中のアラサー女です。
なので子育て中心の話しがおおいと思いますがよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら