高畑敦子謝罪会見

出典 YouTube

本人は悪いことしてないのに憔悴して何度も頭を下げなくてはいけないなんて。
息子が凶悪犯罪を犯したと知らされた心痛は察するに余りある。
母親のためにも高畑裕太容疑者には心を入れ替えてほしい。

どこまでが親の責任?

成人した子どもの犯罪。
親はどこまでその責を負うべきなのだろうか?
模範的な環境と教育が与えられていたなら彼はこんな犯行をする人間にはならなかったのだろうか?

高畑裕太容疑者の生育歴

この事件によって高畑裕太の生育歴を知ることになった。
身体的トラブルで4歳まで言葉がなかったこと。
幼少時は体が弱く病気がちだったこと。喘息やアトピーに苦しんだこと。
母親の離婚と多忙により祖母に預けられることが多かったこと。
母親が有名な女優だったことでイジメにあったこと。
中学時代は荒れて不登校だったり暴れたりしていたこと。
高校は家を離れ寮生活だったこと。

芸能界に入ってからも、「天然」とイジられつつも、共演者から礼儀知らず、セクハラが多すぎる、距離感がおかしい、下ネタが多すぎる、挙動不審…などの評判だった。

人間を育てるということの難しさ

高畑敦子の育て方、息子への接し方は間違っていたのかもしれない。
結果を見たらダメだったとしか言いようがない。

謝罪会見を観て、いろいろなことを思った。

子どもを育てるということの責任。難しさ。
我が子とはいえ、自分ではないひとりの人間である個人の言動すべてを見張り続けることはできない。
教え導こうと努力しても、思ったようには進んでくれない。育ってくれない。
思いもよらないほど素晴らしい感動を与えてくれることもあれば、落胆させられることもある。

親子だからこそ何があってもその繋がりは切れない。愛情ゆえに目も曇るし、愛情ゆえに憎むこともある。

謝罪会見に滲むもの

謝罪会見で滲むのは、高畑敦子の子を思う親の闇。
そして芸能人として、女優としての業だ。

フジテレビ:これまでも不祥事を起こしたら私に仕事がなくなると、私から仕事を取らないでというようなことをおっしゃったように伝えられているんですけれども、それはどういうときにどういうお気持ちで裕太容疑者に話した言葉だったんでしょう。
高畑:私どものように、皆さまの目に触れる機会が多い人間がいけないことをすると、お互い刺し違えて死ぬぐらいの覚悟でやらなければいけない仕事だと。それは仕事を取らないでイコールやってはいけないことをやってしまうと、本当刺し違えて死のうねっていうのが合言葉のように、そういうことが分かってもらえるならというつもりで言った言葉ではありますけれど、それがどう彼に響いていたのかはちょっと分からないです。

出典 https://thepage.jp

不祥事があれば芸能活動に悪影響があると日ごろから話し合っていた。

テレビ朝日:高畑さん自身からは、どのような言葉を実際掛けられましたか。
高畑:今も申し上げましたように、外での様子がまるで分かりませんので、いろいろな方にご迷惑を掛けている状態、お仕事が大変なことになって、そのリカバリーにどれだけの方がどれだけのことをしているかということをまず分かっておりませんので、その報告をしなければ、ということがもう10分でしたので、私どもは、何を言ったんですかね。もうほとんど覚えてないですが、大変なことをしてしまったねということと、本当に、一生をかけて謝らなきゃいけないよっていうことと、でも、社長と私と姉と3人で会いましたので、こんなことは本当に不謹慎で言ってはいけないんでしょうけども、本当に申し訳ないことをしたねって言ったあとに、でも、私はどんなことがあってもお母さんだからと、姉はどんなことがあっても裕太のお姉ちゃんだからっていう、その3つだけを言ったように記憶してます。申し訳ありません。そんなことを言って。
テレビ朝日:今はどんな言葉を掛けますか。
高畑:まず、相手の方の気持ちを考えること。今、申し上げましたように、こんなことになっても親というのは本当にばかな生き物で、どうにかしてこれが間違いであってくれとか、息子のことをかばおうという気になってしまいます。でも、それは今やってはいけないと思っています。被害者といわれる方が、もし自分の娘だったらということを頭の中ですり替えて物事を冷静に見なければと思っています。自分の息子がやったことではない、被害に遭ったといわれる方が自分の今いる大切な娘だったらと考えなければというふうに置き換えて、物事を見ようとしております。

出典 https://thepage.jp

息子をかばいたくなってしまう。
被害女性がもし自分の娘だったら…と考えなければいけない。

中京テレビ:今も自分の娘のようにっておっしゃいましたけれども、が被害に遭ったらということですけれども、この被害者女性に会ったら、高畑さん、なんて謝罪をされますか。
高畑:まず、おけがのことを伺わなければいけないと思いますし、おけが以上に本当に申し訳ないって言うしか言葉が見つからないです。

出典 https://thepage.jp

被害女性への謝罪はどのようにおこなうのか。

テレビ朝日:ご自身の子育てについては今、どのように思ってらっしゃいますか。
高畑:自分なりに精いっぱいやったつもりではあったのですが、このようなことになってしまった以上、何も言えることではないと思っています。私の育て方がいけなかったのだと思っています。
テレビ朝日:高畑さんはどんなことを思いながら今まで子育てをされてきましたか。
高畑:うそをつかないこと、人様に迷惑を掛けないこと、人に感謝をちゃんとすること、そのようなことを言った、言ってきたつもりではありますけど、もうそんなことはこの場で言えることではないと思っています。
テレビ朝日:なぜ今回、息子さんがこのような事件を起こしてしまったというふうに思われますでしょうか。
高畑:彼の甘さだと思います。甘さだと思います。

出典 https://thepage.jp

子育てについて。なぜ息子がこんな事件を起こしたのか。
精一杯やったつもりだけれど、言えることではない。
息子の甘さが事件につながった。

フジテレビ:今後、起訴されて裁判となると、かなり厳しい量刑が予測されているそうですけれど、この辺りは覚悟というのはされてるんでしょうか。
高畑:罪を犯した以上、罪に服すべきだと思っています。
フジテレビ:今後、裁判で情状証人としての出廷なども考えられると思うんですけれど、その辺りはいかがでしょうか。
高畑:なんでもやらなければいけないと思っています。
フジテレビ:被害者に対して何かやるべきことというのはどういうことですか。被害者の方に対して何かすべきことというのはお考えですか。
高畑:まずは本当にお会いして、早く謝罪をしたいなと思っていますが。
フジテレビ:それはお言葉、なんとか会って、面会をして謝罪をしたいという。ご自身のお仕事にも影響が出てるようですけれど。
高畑:私はこのあと、『雪まろげ』という舞台をお引き受けしていて、今回のことがございましたので、私が舞台に立ってはいけないのではないでしょうかとお伺いを立てました。東宝の方が高畑さんが立たないといけないんです、1万人の方が切符を買ってらっしゃるんです。この状態でお芝居をやるのは、自信はないですが、舞台に立って、今月、今年いっぱい地方の方にも舞台をお見せするのが私の贖罪(しょくざい)だと思っています。ごめんなさい。すいません。

出典 https://thepage.jp

今後について。
息子は罪(刑罰)に服すべき。
母親としてやれることはなんでもやる。
舞台に立つことが贖罪だと思っている。

芸能界は性についての意識がおかしい?

被害者女性への申し訳ないという気持ちより、この事件によって迷惑をかけることになる芸能界関係者への言及が多かった。
「大変なことをしてしまった」
の、大変なこと、が、どうしても強姦そのものを指しているようには聞こえなかった。

性に放埓な芸能界にいると性犯罪への意識が低くなるのだろうか。
被害者女性を「被害者とされる女性」と呼び、怪我の具合を聞きたいとか会って謝罪したいという、その鈍感さに驚く。

自分を襲った強姦犯人の男と瓜二つの顔をした母親に直接会うことの精神的苦痛に思いを致すことはないのか。謝罪して「謝ったという事実」を積み上げることが優先か。

女を蹂躙する異性としての獣性に嫌悪はないのか?

家族ならなおのこと、性に関する醜聞は他者ものより汚らわしく感じるのではないか?

バラエティーなどで性について赤裸々に話していた高畑裕太。

高畑淳子は、血縁として、性欲がどうのと嬉々として話す息子へ思うことはなかったのだろうか?

身内が性について話すなんて、普通なら恥ずかしくて耐えられない気がする。
そこにタブーの意識がなかったのだとしたら、それこそが彼女の最大の誤ちだったと思う。

母親として最後の最後まで「わたしはお母さんだから」「お姉ちゃんも裕太のお姉ちゃんだからね」と優しい甘い言葉をかけるのは、もっとずっと後でもよかったのではないだろうか?

女性の尊厳について話すほうが先ではないか?

息子にこそ、
「お姉ちゃんがそんな目にあわされたらどう思うの?」
「お母さんがそんな目にあわされたらどう思うの?」
と言うべきではなかったか。

女優としての高畑淳子の演技が見られなくなったらさみしいけれど、彼女を見て息子の性犯罪を思い浮かべずにはいられないことも事実。

どこまでが親の責任なのか。
親子なら一連托生なのか。

どうすることが責任をとるということなのか。

舞台を降板しろ!とは思わないけれど、事件の贖罪というのは詭弁にすぎる。


高畑淳子は芸能界にいる自分が大事で、演じることが大好きなのだろう。
息子はダメなやつだと理性ではわかっていても我が子だから溺愛しているのだろう。

被害女性への気遣いは、きっと24時間テレビで迷惑をかけた演者やスタッフへのものや事務者社長などへより、ずっとずっと順番が低い。
被害女性へ謝罪の気持ちはあるとおもうけれど、それより事件が世間に公になった影響への慄きが大きいのだろう。
そう思った。

母の責任とは?強姦致傷容疑の息子について謝罪会見する高畑敦子

高畑淳子、1時間に及ぶ謝罪会見 高畑裕太容疑者の全てを伝える
【高畑淳子/モデルプレス=8月26日】女優の高畑淳子(61)が26日、息子で俳優の高畑裕太容疑者(2..........≪続きを読む≫
[アメーバニュース]
 
成人した子どもの犯罪。

この記事を書いたユーザー

ridia このユーザーの他の記事を見る

1977年生まれ 驚くと白目になる「おそろしい子…!」
好みのタイプは真壁くんと冴羽獠とスコーピオンミロ。
コブラはかっこいいけど関わると不幸になるので除外。バンコランは女に興味がないので除外。
漫画と小説の話には喜んで飛びつく。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • インターネット
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら