何が真実なのか今はまだ分からない

人気俳優の高畑裕太が強姦致傷罪で逮捕されたニュースが巷を騒がしている。
本日、母親である高畑淳子さんの痛々しい記者会見の内容が放送されていた。

ネットの影響はすごく大きく、真実でないことが真実かのように広がっていく怖さを感じている。

相手の女性の顔が暴かれたり、
高畑裕太が押し倒して暴行を犯したり、
手足を縛った、などなど。

そのいずれも真実ではないだろう。
結局女性の顔写真は修学旅行生のバスガイド写真であり、偽物であった。
押し倒して暴行も、手足を縛ったなども、出処は全て不明確だ。
強姦致傷罪というイメージから膨らませた話なのだろう。
だからこそ、各社記事内容に統一性がないのだ。

今現在の真実はこの3つしかない。(2016/08/26現在)
・強姦致傷罪で逮捕
・本人が認めている
・相手の女性が怪我をした(全治一週間の軽症?)

たくさんの記事が書かれネットに流されるのと同様に、
TV等の各メディアさえ、正確な情報はわかっていないからこそ、ネットから情報を拾い集める。

すごく大きな事態になっているのは、性犯罪もさることながら、人気俳優のスタートを切っている高畑裕太の存在感故だろう。

強姦致傷罪とは?

強姦罪を犯し、それによって被害者を死亡・負傷させた場合は、強姦致死傷罪(刑法181条2項)が成立し、無期又は5年以上の懲役に処せられる。 強姦は未遂でも、同様に強姦致死傷罪が成立する。
強姦されそうになった女性が逃走を図り、その途中で体力不足などのために倒れたり、足を踏み外して怪我をした場合などもこの強姦致傷罪が成立するとされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

結果的に強姦したかどうか、未遂かどうかは関係なく、その一連の流れの中で転んで怪我をした場合にも「強姦致傷罪」というのが適用される。

要は強姦されてないため、強姦では訴えられずに「強姦致傷罪」として怪我を理由に訴えられたということだ。
未遂だから良いという話ではないのは重々承知だ。
私も女性であるし、性犯罪を起こすような男性は女性を侮辱している以外の何者でもない。性犯罪は常習性が強い。何度も繰り返すような男性には罪をかぶせたいとさえ考える。

でも、何か心に引っかかる。
本当に強姦しようとしたのだろうか。

記者会見を見て

性犯罪には常習性があることが多い。
本日の高畑淳子さんの記者会見内容では、常習性があったのかどうかを探ろうする質問が多くあり、高畑裕太の思春期の言動や親が持つ「子を心配する思い」に何度も言及していた。

思春期男子の反抗素行に言及するのはいかがなものかと思っている。
芸能界とは、高畑裕太以上の問題児がたくさん存在する世界ではないのか。

思春期、子どもとわかり合えない時間はどの親にとっても辛くどうしようもない時間なのだ。その時間を乗り越えて今の仲睦まじい親子の関係がある。
子ども時代の問題素行も、大人になればだんだん社会性や責任が育ち変わってくる。

子どもが大人になるのは20歳ではない。
子どもが本当の意味で成人を迎えるのは、20代になり社会に揉まれ、自分に与えられた物事をこなしていく中で、成長していくものである。

誰にでもある普通のことを、事件と関連つけようとするのは短絡的で見ていて嫌気が差してくる。

俳優 高畑裕太という人物はどんな人?

逮捕後の今となっては、TVやネットで取り上げられるのは「性欲がすごい」「性欲が抑えられない」と性犯罪をほのめかす彼の言葉ばかり。
「いろんな女性に声をかけて口説き落とそうとしている」という彼の姿がクローズアップされており、まさに性犯罪を犯してもおかしくない人物像が出来上がってきた。
でもそんなことは、男性なら理解できる範疇のものではないのだろうか。
彼が特別、一般的男性よりも異常性があるとは思えない。
ただただ、彼の粗が表立っているだけに見える。
誰にでもあるレベルの思いだけを見て、高畑裕太という人が性犯罪を軽く見ていると判断していいのだろうか。

男女問わず人が好きであり、
男性に無理やりキスをせがむおふざけを見せる彼。
「同じことを女性にしたら犯罪だ」とブロクにも書かれていたようだ。(今は閉鎖中)

彼が出演するバラエティでは、自身の価値観を口にして周りが引いていることがある。
思ったことを瞬間的に言葉にしてしまうようだ。面白くしようとサービス精神旺盛に、浮き上がる発想のまま表現し、喜ばれたり惹かれたり。結局のところ空気が読めない男性だという見方もある。
ただ、今の仕事が楽しくてしょうがない、そんな様子はTVからも伺える。


「性欲が抑えきれなかった」と彼は供述しているが、本当にそうなのだろうか?
一瞬にして理性を失う人なのだろうか。

仕事仲間と酒を交わしたその後で、泥酔でもないのに、理性を超えて犯行に及んだのだろうか。

人間というは職場の人と話していたらある程度仕事モードなのではないかとおもう。
仕事仲間と別れた1時間や2時間後に性欲マックスになるものか。女性である私には分からないところではあるのだが。

普段から女性を口説く習慣がある彼だから、相手の女性を口説こうとしただけとは考えられないだろうか。いつものおふざけが度を超しただけなのでは。

日本の社会にうじゃうじゃいるハラスメントと同じではないか。
人の体に平気で触れる男性や、男尊女卑の男性は山ほどいる。

本気で強姦目的なら、彼の体格なら事に及ぶことは可能だとおもう。
未遂とは「振られて諦めた」だけではないのか?

口説こうと思って迫ってみて嫌がっていたから諦めた。

だから、そのあと平気でそのまま眠れたのではないだろうか。
まさか、性犯罪で訴えられるとは思わずに。彼の天然キャラ故に。


相手の女性の怪我にしても「親指をくじいた」「手首をひねった」レベルのことしか出てこない。完治一週間は共通した情報なので、本当にこのレベルの怪我なのだろう。

芸能人が地方のどこにでもあるようなビジネスホテルに止まれば、誰もが芸能人を見るのではないだろうか?
ちょっとおバカな天然キャラ故に「自分に気がある」と勘違いしたのではないだろうか?


ホテルの女性に対しても疑問がある。
40代女性が強姦されそうになったとトラブルが発生した際に、一番最初に相談しているのが、会社の上司でも恋人でもない知人だそうだ。
強姦しかけた客に接するのを嫌がるのは当然だ。まずはどうすれば良いか、緊急用の連絡先、もしくは上司に連絡すべきではないのかという記事を見た。

私も40代であり同年齢として、手首をひねる、または親指くじくレベルのやりとりで、「本気で強姦されそうだった」と訴えた事にも疑問を感じる。

40代女性が「強姦されそうだった」と未遂であり軽症の怪我を理由に簡単に訴えるだろうか?
40代女性が大きな暴力でもないやり取りに恐怖を感じたのだろうか?

本気強姦のようには考えられないからだ。本気ならもっとはっきりと殴られたりする暴行があるのではないだろうか。そもそも高畑裕太の顔がバレているのに本気でそんな事をするとも考えられないし、悪意があるのなら、女性に逃げられた段階で、高畑裕太も逃げるのではないか。

でも、高畑裕太はそのまま眠っている。
彼にとっては「気があると思って迫ってみたけど、違ったみたい。残念~」なんてレベルで考えていたのではないかと思えて仕方ない。


たとえ勘違いでも、世間一般的には行き過ぎであることは確かだけども、本人にとってはただの勘違いで、芸能界を追い出されたのなら気の毒でしかない。

母の高畑敦子さんにとっても情けない追い出され方だろう。

勿論、明日にでも「計画的犯行だった」なんて警察の話が出てくるのかもしれないが、高畑裕太にも、自分の思いを正直に話して真実を聞かせてほしい。
失うものが、あまりにも大きすぎるようだ。

この記事を書いたユーザー

花*花 このユーザーの他の記事を見る

高校生の娘を持つシングルママです。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス