皆さんはオーストラリアと聞いて何を想像しますか?シドニーのオペラハウス、ケアンズのハートに見える珊瑚礁、ゴールドコーストのビーチ?忘れてますよ!魅力しかないメルボルンについてご紹介していきます!

■メルボルンの街並み

Licensed by gettyimages ®

私イギリスに来たんだっけ?と一瞬錯覚してしまいそうになるような、幻想的で歴史的な街並みが広がります。

イギリス的な建物や、美しくて壮大な教会。
ブラブラとお散歩するだけでも飽きることがありません。

シティーは人が多いですが、道幅も広く歩きやすいですし、至る所で大道芸をしているので、そそくさと道を進むのは勿体無いです。

オーストラリアは四季がしっかりしており(日本と真逆)、メルボルンに関してはお天気がすぐに変わるので(1日の中に四季があると言われるほど)、羽織物や折り畳み傘を準備しておくほうがいいでしょう。

■フィリップアイランド

Licensed by gettyimages ®

数多くの動物が存在するオーストラリア。
その中でもフィリップアイランドでは可愛くて珍しい動物に会うことできるのです!
それは何かと言うと、フェアリーペンギンです!

名前も可愛いですが、彼たちは最小のペンギンで体長わずか30センチ程。
実際私も見に行きましたが、小さいくてたまらなく可愛い!

海から陸に向かってひょこひょこ歩く姿をペンギンパレードとし見ることができます。

野生のペンギンでその光景はとても貴重なものですので、カメラ等は使用禁止です。
彼らの可愛い姿を目に焼き付けてみてはいかがですか?

メルボルンCBDから車で2時間弱。
現地は特に冷えるので、羽織り物は必須です!

■パッフィンビリー鉄道

オーストラリア最古の鉄道であり、あのトーマスのモデルになったとも言われています。

ここの鉄道は少し?変わっているのですが写真から伝わりますか?
そうです、ポイントは乗り方!!

この鉄道には窓がついておらず、その窓枠に座って足は窓枠の外に出して乗るのがパッフィンビリー鉄道のスタイルです。

日本じゃまずこんなことするなんてありえませんよね?
是非現地で人生初となるかもしれない?一生に残る経験をしてみてください。

山に囲まれた場所ですし、オーストラリアの夏は山火事が多発するので、とても暑い日は前もって自分の便が安全確保のためキャンセルになっていないか確認したほうが良さそうです。

■クラウンカジノ

Licensed by gettyimages ®

あのマライアキャリーの婚約者がオーナーを務めるのは何と言ってもメルボルンにある南半球最大のカジノ、クラウンカジノです!

シティーにあるので立地も抜群。

カジノで楽しむも良し!
ショッピングをするのも良し!
お腹が空いたらオシャレなレストランからフードコートまでたくさんありますよ!

日本では楽しむことができないカジノでは、ついつい浮かれてしまいそうですが、遊ぶ際は是非お金の管理をしっかりとお願いしますね!

カジノに入る際はパスポートをお忘れなく。
いくつになっても海外で日本人は若く見られがちですからね!

■トラムカーレストラン

Licensed by gettyimages ®

メルボルンの街を歩いていると、本当にたくさんの路面電車(トラム)が行きかいます。

その中にトラムカーレストランという、路面電車の中がレストランになっている夢のようなオシャレな空間がそこにはあるのです。

こちらは要予約。

ランチコースが1つの時間帯、ディナーに関しては17:45~と20:35~の2コース。
20:35からのコースは日-木と金-土で料金が違うのでお気をつけ下さい。

女性はドレスアップ、男性は正装されている方も多くいらっしゃいました。
お誕生日や記念日など、オシャレをして、特別な空間でスペシャルタイムを過ごしてみては?

■カフェ

Licensed by gettyimages ®

コーヒーの街メルボルンには数々のカフェが街に溢れています。

オーナーが拘り抜いた豆から挽いたコーヒーは、その香りだけで人々の心を癒してくれるでしょう。

雰囲気が好き、バリスタや店員さんが陽気そう、ラテアートが可愛い、いい香りがした、、、
などなど理由は様々でしょうが、滞在中に是非お気に入りのカフェを見つけてみてはいかがでしょうか。

国立公園、デパート、道端の大道芸など街には楽しみがいっぱいある中で、ほんの一息できる素敵なカフェに皆さんが出会えますように。

思っているよりも緩いコーヒーが多いので、熱々のコーヒーが好きな方はあえてエクストラホットでとリクエストしておいたほうがいいかもしれません。

■グレートオーシャンロード

Licensed by gettyimages ®

最後にこちらは約260kmに渡る海岸道路です。

ドライブは最高に気持ち良く、所々車を止めるスペースがあり写真を撮ることが出来たり、国立公園、小さなタウンもあります。

ランチをしたり、お茶をしたりとリッラクスすることも可能です。

そして長いドライブをする中で現れるのが12人の使徒。
言葉を失う程の絶景です。

私は初めてここへ行ったとき、生きてきた中で1番美しい景色だと感じ、それ以来1年に1度、必ず訪れる場所になりました。
日中でも夕暮れ時でも、いつでも素晴らしい表情を見せてくれるはずです。

皆さんいかがでしたか?

少しでも多くの方にメルボルンはこんなに素敵な場所だったのね!
と思って頂けたら本当に嬉しく思います。

私が恋するメルボルン。魅力はもちろんこれだけではありません!

ただ少しだけでもメルボルンやオーストラリアに対する興味を持つきっかけ、入り口なればと願っています。

一緒に恋に落ちましょう!

それでは皆さん、Have a lovely day!! xx

この記事を書いたユーザー

Nyamel このユーザーの他の記事を見る

海外生活、ご飯、お笑い→私◎
オーストラリアと日本を行き来してます。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス