全国各地の「ドン・キホーテ」に、外国人が押し寄せている。大都会はもとより、観光地、地方の店舗にまで、アジアを中心とした外国人の姿が見られる。

「ドン・キホーテ」のどこに魅力を感じているのか。

日本人である私もその楽しさに惹かれ、たびたび訪れてはいる。

何といっても、店内で商品を見ることが楽しい。

笑える商品、驚く商品、感心する商品……変わったもの、面白いものばかりで、ついつい長居をしてしまう。

外国人も私と同じ感動を味わっているのだろうか?

さまざまなメディアで、「ドン・キホーテ」を利用する外国人の感想が伝えられている。それを見ると、日本人よりもっと大きく感動し、狂喜しているとさえ思える。

まず口から出てくる言葉は、「クールなものがいっぱい」。つまり、“イケてる”“カッコいい”商品がたくさん並んでいる、ということ。

外国人の彼らにとっては、日本製品の質の良さは当然として、売り場に並んでいる商品のアイデアやデザインすべてが、“クール”なのである。

そんな商品が所狭しと並ぶ中から、自分の欲しいものを探し出すことを楽しんでいる。

「ドン・キホーテ」は、探し出す楽しさを演出するために、敢えて“ぐちゃぐちゃ感”のある煩雑な陳列をしている。

欧米にはない、アジアンチックな売り場を作っているのである。

そこには、「美容・健康」「雑貨」「家電」「ファッション」「ブランド品」「インテリア・家具」「スポーツ・アウトドア」「ペット」「車・自転車」「玩具」「食品」「コスプレ衣装」まで揃っている。

「ドンキに行けば、何でもある」という情報が、外国人の間に流れているくらいである。

すなわち、外国人が集まって来るのは、口コミが広がっているからだと言うことができる。だが、この口コミは、自然発生的なものではない。

「ドン・キホーテ」が自らの意思で、企てたものである。

海外からの観光客が増えることを見越し、店舗を「外国人対応」に変えていったのである。

・店内には、外国語表記を掲げる。
・アジア人スタッフを増員する。
・外国人を呼ぶための専門プロジェクトチームを作る。
・外国人向けの情報発信をする。
・観光地と連携して、ツアーを組む。
・DUTY FREE SHOPの認可を受ける。
・中国の企業連合が運営するオンライン決済システムを導入する。

こうしたきめ細かな対応策を講じた結果が、いまの賑わいに繋がっているのである。

すべてが巧妙に仕組まれた戦略だったのである。

だが、外国人がその“ワナ”に引っ掛かった、というわけではない。

根本的には、店が楽しいからである。「あそこへ行けば、何かある」という期待感である。知らなかった日本の文化に触れることができる。クール・ジャパンがたくさんある。

そんな感動を味わうために、集まって来るのである。

私も海外に行くと、地元の市場やスーパーマーケットに必ず行くことにしている。その土地の文化を知るには、もっとも適していると思うからである。

それと同じで、外国人が日本の文化を知るためには、「ドン・キホーテ」のような“雑多な”店が最適である。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら