全盲

11歳の‘ホシ‘は、緑内障で両目を取り除く手術が施され、全盲となってしまいました。

全盲となった‘ホシ‘

苦痛

それはホシにとって苦痛の日々でした。‘ゼン‘に出会うまでは。。

‘ゼン‘に出会うまでは。。

`ゼン‘

‘ホシ‘の両親(飼い主のカップル)は、ホシの目の手術の半年前に、`ゼン‘を引き取りました。

保護犬の‘ゼン‘

保護犬

`ゼン‘は雪道を彷徨っている所を発見されました。

ホームレスだった‘ゼン‘

たくさんのトラブル

‘ゼン‘はたくさんのトラブルを抱えていました。心臓肥大、肺浮腫、狭い器官、そして歯の状態は最悪でした。

体にたくさんのトラブルを抱えていた`ゼン‘

直観

しかし、‘ホシ‘のママは、そんな‘ゼン‘を一目見て気に入ったと言います。

「‘ゼン‘はきっと`ホシ‘にとってなくてはならない大切な存在になる」と直感したそうです。

‘ゼン‘は`ホシ‘にとってなくてはならない大切な存在になる

最高のパートナー

それでも最初は‘ホシ‘が‘ゼン‘のことをどう思うか不安だったそうです。

しかし、そんな不安はアッという間に吹き飛ばされました。

‘ゼン‘は、まさに‘ホシ‘が必要としていた最高のパートナーでした。

`ゼン‘は‘ホシ‘の目となりました。

互いに必要としていた2匹

「私が‘ゼン‘をシェルターから引き出してきて、最初に家に連れて行った時、`ホシ‘がどういう反応を見せるか心配でしたが、`ホシ‘は一言も吠えることなく、‘ゼン‘のにおいを嗅ぎ、その後、傍にずっといました。今やこの2匹は離れることができないほど、互いに必要としています。」と2匹のママは語っています。

2匹は常に一緒に行動

‘ゼン‘は‘ホシ‘が全盲であることを知っています。そして`ホシ‘には助けが必要だということも判っています。‘ゼン‘はいつも‘ホシ‘の傍にいて、どこに行くにも‘ホシ‘の安全を確保してくれます。

`ゼン‘が‘ホシ‘の安全を確保してくれる

けして離れない

‘ゼン‘は`ホシ‘と別のリードにつないでも、常に`ホシ‘の傍にいます。

常に一緒

互いに助け合ってきた

‘ゼン‘ばかりが一方的に助けてきたわけではありません。`ホシ‘も`ゼン‘を助けてきました。

‘ゼン‘が家に来たばかりのころ、とても緊張していて静かにしていました。そんな‘ゼン‘を‘ホシ‘はリラックスさせてくれたのです。

`ホシ‘も‘ゼン‘を守ってきた

真似

‘ゼン‘は‘ホシ‘の真似をよくするそうです。

2匹はとても仲がいい

‘ホシ‘と`ゼン‘は互いにたくさんのトラブルを経験しました。

でも、2匹でいれば、できないことはないのです。2匹一緒であれば、どんな困難も乗り越えられます。

こんな狭い道でも平気です。

乗り越えられない壁はない

互いに補い、助け合えば、乗り越えられない壁はありません。

ライフ イズ ソー ビューティフル♡ (生きていることは素晴らしい!)

2匹のアドベンチャーは続きます

最後に

とても恵まれた飼い主さんに2匹とも引き取られたみたいですね。体にどんなトラブルを抱えていても、それを承知で引き取られた`ゼン‘ちゃんに、緑内障になっても、適切な手術を受けさせてもらえ、両目は失っても、健康を取り戻せた‘ホシ‘ちゃん。

歳をとったから、病気になったからと言って簡単にペットを捨ててしまう人間たちが多い中、素晴らしいと思います。

アドベンチャーが大好きな飼い主さんと一緒に、2匹も自然を満喫しているようです。そんな2匹のアドベンチャーを楽しむ写真と動画が上記インスタグラムで公開されています。なんだかとっても勇気をもらえる2匹です。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら