この中で薬を一度も飲まずに生きてきた方はいますか?
それだけ薬というものはあなたの生活の中に必要なものだといってよいのです。

それでは「食後」とは具体的にいつでしょうか?食べた直ぐ後なんじゃないの?食べて30分したらなんじゃないの?さて、あなたが普段飲んでいる「食後」はいつなのでしょうか?
そんなことを言われても言葉につまりますよね。

もしあなたが今さらそんな当たり前のことを聞けないと思っているとしたら、以下の話が役に立つかもしれません。

こんにちは。現役薬剤師で「その薬があなたを殺す!」の著者、小谷寿美子です。
服薬指導の中で、実際に間違った飲み方をしている方に出会います。それも昔のことではなく今現在もなのです。

服薬指導で「食後に飲んでくださいね」と一言で説明してしまうのですが、「食後」の意味がわかっている前提でのことです。

ごはんを食べました→薬を飲みました
これは食後です。

ごはんを食べました→歯磨きをしました→薬を飲みました
歯を磨く時間は3分ですので、これは食後です。

ごはんを食べました→食器を洗いました→薬を飲みました
食器を洗う時間はおよそ10分ですので、これは食後です。

ごはんを食べました→満腹になりぼーっとしていました→薬を飲みました
ぼーっとしている時間によりアウトかセーフか決まります。
これが30分なのです。
30分以内ならOKで過ぎてしまったらバツです。
30分後からは胃から小腸へ食べ物を送り出し始めます。

「食後」とは食べた直後から30分間ならいつ飲んでもよいということです。あなたにとって一番忘れない時間に飲むようにしてください。

それでは「食前」とはいつでしょうか?ここまで読んだあなたならどうやら30分前じゃないか?と予想しそうですね。
薬を飲みました→30分後にごはんを食べました
これは正解。

薬を飲みました→ごはんを食べました
実はこれが違うのです。
薬と食べ物が胃袋で混ざります。これでは食後とたいして変わらないですね。

30分経って薬が小腸へ送り出されます。
その状態で食べ物を入れます。これで食べ物に邪魔されず薬だけを吸収させることができます。
食べる30分前だと時間に厳格になってしまうので、少し余裕をとります。

薬を飲みました→ごはんを作りました→ごはんを食べました
ということができます。ごはんを作る時間は1時間です。

つまり、薬を飲んで30分から1時間後にごはんを食べればよいのです。
あなたにとって一番忘れない時間に飲めばよいのです。

いかがでしたか?
これであなたも確信を持って薬が飲めますね。

この記事を書いたユーザー

小谷寿美子 このユーザーの他の記事を見る

「その薬があなたを殺す!」(SB新書)の著者、小谷寿美子です。
現役バリバリで服薬指導中の薬剤師です。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら