のんびりと1頭で過ごしていた優しいラブラドール倫子さん

近所でも穏やかで有名なラブラドールの倫子さんはもう10歳、
実は疲れるので子犬は苦手でした。

そんな、倫子さんのお家に段ボールに詰められて捨てられた雑種の子犬が
里親募集で貰われてきました。

子犬の名前はマル。
超元気な女の子です。

マルちゃんは一目で倫子さんをお母さんだと思いました。

子犬がお母さんにしたいことといえば

やっぱり、あれです。

おっぱい。

出典 YouTube

これには、さすがの倫子さんもタジタジ。

逃げ回りました。

でもあんまりしつこいので、結局根負けしてしまいます。

渋々ですが、おっぱいを吸われることに慣れました。

出典 YouTube

倫子さんは、もしかして自分が産んだのかな?
って思いだしていたかもしれませんね。

もちろんおっぱいなんて、1ミリも出ませんが
すぐに子犬は大きくなりました。

子犬は大きくなっても、ママだと思って倫子さんにべったりです。

倫子さんの上に寝ると子犬は落ち着いて眠れました。

倫子さんもそのうちにまたこれも慣れて、受け入れました。

子犬は不思議と倫子さんによく似てきました。

まるで倫子さんが産んだ様でした。

あっという間に、あまり変わらない大きさになった子犬

どんなに大きくなっても、子犬は子犬気分が抜けず

べったり甘えてばかり。

倫子さんと離れるのは足が弱って行けなくなった散歩だけ。

それ以外はずっと一緒でした。

急に倫子さんがお空に旅立ってしまうまでは。

倫子さんは12歳でお空に旅立ちました。

最後に無理矢理に子育てを押し付けられて嫌だったかな?

マルちゃんを2歳まで育てたのは、確かに倫子さんでした。

ちゃんと、倫子さんが教えてくれたので

マルちゃんはトイレも完璧だし、倫子さんが近所でいい子で有名だったから

すぐにお友達もいっぱい出来ました。

倫子さんがいなくなって、わかったことがあるよ

トイレを失敗してたのは実は倫子さんだったんだね。

倫子さんはいい子だってみんな思い込んでたから

適当な場所で粗相をするのはみんな子供だったマルちゃんのせいになってたよ。

倫子さん、きっとお空で「しめしめ」って笑ってるね。

この記事を書いたユーザー

ハナコと倫子 このユーザーの他の記事を見る

わんこが大好きでどうにかなりそうな
バツイチ子持ちです。
愉快な母親と姉夫婦と娘とわんこの5人と一匹家族です。

得意ジャンル
  • 動物
  • グルメ
  • 料理

権利侵害申告はこちら