みんな大好き『サーモン』


和食でもおなじみの『焼き鮭』

お寿司やお刺身で人気のサーモン

意識したことはないけど、すべて『鮭』料理だと思っている方も多いのではないでしょうか?
 
でも「あなたが食べているのは『鱒(マス)』だ!」
と言われたらどう思いますか?

いやいや違うでしょ‼︎
『鱒(マス)』ってニジマスとか…
川で釣りをするアレでしょう?
鮭となんの関係あるの?

そう思われる方も少なくありませんが
実は大いに関係あるのです!

鮭(サケ)と鱒(マス)の関係


鮭(サケ)と鱒(マス)どちらもよく聞く魚の名前ですが、この2種の魚がどういった関係性にあるのでしょうか。

 結論から言いますと、生物学的に明確な区分はありません。

出典 http://salmon.fra.affrc.go.jp

えっ⁈

 サケという名の魚はいますが、「ます」というのはサクラマス、カラフトマス、ニジマスなど複数の魚を総称しており、かつ、そのますと称される魚だけに共通するようなサケとの違いはありません。
 
英語では「サーモン」と「トラウト」という呼び方がありますが、欧米では海に降りるものをサーモン、川など淡水で生活するものをトラウトとしている場合が多く、近年は日本でもサーモン=さけ、トラウト=ますと認識している例も一部でみられるようです。

出典 http://salmon.fra.affrc.go.jp

『鮭(サケ)』と『鱒(マス)』に生物学的な違いはなく、日本ではマス科の中の『サケ』という種類と認識されてきました。

現在、一般的には

・川で産卵し海へ下るものを『鮭』
・ずっと川などの淡水域で暮らすものを『鱒』

と区分されています。

鮭・サーモン・トラウトなど日常の区分は?


日常生活においては

・和食、加熱調理は『鮭』
・洋食、生食可能なものを『サーモン』

生食可能な鮭など一部例外もありますが、上記のように使用されることが多いようです。

ではスーパーなどでよく見かける
『トラウトサーモン』とは何なのでしょうか?

英語でtrout(トラウト)=鱒、salmon(サーモン)=鮭。
直訳すると『鱒鮭』とわけがわかりませんが、『トラウトサーモン』とはニジマスを海で養殖し、輸入されたものの商品名です。



現在では線引きが曖昧になってきていますが

・海でとれる天然、主に国産のものを『鮭』
・川でとれる天然、国産のものを『鱒』
・川でとれる天然、輸入のものを『サーモン』
・海で養殖、輸入されたものを『トラウトサーモン』

と考えるのが一般的なようです。

スーパーで買い物をする際に、そういった目で選んでみるのもいいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

tsuyukichi このユーザーの他の記事を見る

遺跡発掘、パティシエ、携帯ショップ店員、自営業、派遣社員と様々な職の経験した主婦。意外に知らない職業の裏側や日常生活にも使える情報を発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら