ボラというのは北海道より以南で捕獲できるお魚です。
お刺身などでも頂けるけど、ボラといえば!
その卵がギリシアではタラモサラダになったり・・・
タラコとジャガイモだからタラモサラダじゃないんですのよー。
という豆知識、それよりなにより卵巣ですよね。
あれはカラスミとなる運命の卵巣。
実際はどの魚の卵巣でもカラスミもどきにはなるようです。
でもやはりカラスミといえばボラの卵巣ですね。

太刀魚deカラスミもどき レシピhttp://www.recipe-blog.jp

写真で拝見すると、お刺身もそれなりに美味しそうです。
釣り人の間では、ボラ狙いというのは聞いたことがなく
申し訳ないけれど目的とは違う、雑魚なのかもしれません。
でもメスならば、このお刺身の他にお楽しみが出来るわけです。

トルコで販売されているカラスミは長期保存のために
蜜蠟でつつまれておりました。
名産地の台湾だと密封して真空パックですね。
国産はそんじょそこらにほいほい売っていませんが
作る人もお店も多いようです。
先日伺ったお鮨やさんで、自家製からすみを頂いたところ
同行者と共に感動いたしました・・・
今年は作ろう、絶対作る、これで米食べて酒飲んでと
妄想が爆発寸前。

見出し画像が、私の出会った自家製からすみ。
日持ちは3か月くらいしかしないそうで、からすみとしては
短期決戦なのでしょうがおそらくぺろりでしょう。
半生がポイントです。
かちかちに水分を抜かないことが美味しさの秘訣だそう。
私がこっそりお伺いした秘訣を記しておきますね。
お掃除した卵巣を2日ほど塩漬け。
洗って、焼酎にどぼり。
その翌日に冷蔵庫で干す、表面がつるりとなったら完成。
通常は外で風に吹かれながら数日、ですがこれは楽。
かちかちタイプは保存性がいいけど、でもこの半生タイプは
本当に極上たらこというかなんというか。
これを作るためにボラ釣りしたいくらいです。
卵巣に出会えたら是非。

この記事を書いたユーザー

ひよこぱぐ このユーザーの他の記事を見る

旅行とお料理が大好き。旅先で調味料などを買って再現に挑戦したりすることも大好き。基本的にはぐうたら、好きなことだけ一生懸命。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • コラム

権利侵害申告はこちら