気になる人と話す際に、やたら緊張して何を話せば良いのか分からなくなってしまったり、自分がどう見られているのか、どのように振る舞えば良いのかが分からなくなってしまったという経験はありませんか??

 多くの人は幼い頃からコミュニケーションを図る環境に身を置いていますが、大人になってからもコミュニケーションに悩まされているという人は少なくありません。対話力を高める講座やコミュニケーションが学べるセミナーがあるのも事実です。

 なぜ人は、こんなにもコミュニケーションに悩まされてしまうのでしょうか。今回は多くの人がコミュニケーションに悩んでしまう理由と、コミュニケーションを円滑にする秘訣についてをお伝えしていきたいなと思います。



 そもそも、なぜ多くの人がコミュニケーションに悩んでしまうのでしょうか。その理由の一つは、パーフェクトな対話をしようとしてしまうことにあります。

 本来、自分の発言したいこと、伝えたいことを素直に伝えることができれば自分の意図や考えを表現することができるものです。ですが、完璧を求めるからこそ変に緊張してしまったり、自分の考えがまとまってから話そうとしてしまうのです。

 言葉が上手くまとまらなくたって、その場の雰囲気やインスピレーションを通して伝えることが出来れば、意外と簡単にコミュニケーションが図れるもの。英語が話せない日本人が外国人と対話する時だって、その場の雰囲気やインスピレーション、ジェスチャーを使った「非言語コミュニケーション」を使って対話していませんか?こうして英語が話せないという状況だって、自分の思いを伝えようという意志があればきちんとコミュニケーションを図ることが出来るのです。日本人との対話も同じように「非言語コミュニケーション」を活用することが大切。そして完璧を目指さないことで、自分の思いは伝えやすくなるのです。


 そして更に、コミュニケーションを上手くいかせるために重要なことがあります。それは「他人は他人、自分は自分」という意識を持つこと。人間関係に悩みを持つ人の多くは「○○さんは言い方がキツイからダメだ」とか「優しいけど、優しいだけでも困る」といった、あまりにも勝手過ぎる人からの評価に悩んだり、精神的に落ち込んでしまうものです。
 
 ですが、これはあくまで他人目線のものなので、まともに受け取る必要はありません。「自分は誠意を持って人と接したし、それでよし!」と思えることが、コミュニケーションを円滑にするだけでなく、自分に自信をつけるためにも大切なことなのです。




 いかがでしたでしょうか?上手に話そうとしてしまうことや、相手の評価を気にし過ぎてコミュニケーションが上手く図れなかったという経験に心当たりがあったのではないでしょうか??

 ぜひ、自分らしいコミュニケーションを心がけてストレスフリーな対話を楽しんでみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス