シンガポールに住んでいる時は、よく日本の通販を利用していました。
少し高いですが、安心して受け取ることができるのがDHLです。
日本では再配達の増加が問題になっていますが、効率化が上手なシンガポールの事情を紹介します。

配達前にメールが来る

配達の予定が立つとメールがDHLから来ます。
○月○日以降配達予定と連絡が来るので、希望の日時、時間をHPで入力してください。と書いてあります。
操作も簡単だし、スマホでもできます。
この時点でもふいに荷物が届くことがないので受け取る側にとってはとってもありがたいサービスですよね。

再確認がなんども!

びっくりしたのがここからです。
配達の数時間前に今日は配達予定ですが、変更ありませんか?
と今度は携帯のSMSが届きます。
こちらでも配達日時の変更がすることができます。
さらに!!
コンドミニアムに着いたであろう配達の方から電話が入ることも多いです。
今、家にいるか?
いない時はその場で変更をお願いすることもできます。

海外生活だったというものありますが、ふいに配達の人が来ると不安なことがあります。
誰がいつ来るのかがほぼ確実にわかるのは一人で家にいる時は安心です。
日本の場合、一度は配達してからの再配達のお願いが基本だと思います。
でもこの方法だと、一度目の配達から日時の調整が基本なのでお互いにハッピーですよね。
ただ、日本のように夕方に注文して翌朝届くということはないのでやはり日本の輸送システムはすごいのだと思います。
双方のいいところを取り入れられるといいですよね。


この記事を書いたユーザー

ma-yu このユーザーの他の記事を見る

2児のママとして子育て中。シンガポール、東京での子育て。美容も興味あり。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら