『旋律的会話術のススメ 4』は「美しい日本語」についてです。


皆様もご存じのとおり、日本語には『母音』と『子音』があります。

『母音』母音は、口の開け方と声帯で発声している音で、
「あ」「い」「う」「え」「お」です。

母音は単独で発音できます。

『子音』子音は、舌、歯、唇、顎などを使い発声する音で、

「k」「s」「g」「t」「d」「n」「h」…

子音単独(子音のみ)で発音できるのは“n(ん)”のみで、その他は、母音と子音との組み合わせにより発音します。

例えば、k+a=か、s+u=す、t+o=と

等々です。

以上のように日本語の「か行」から「わ行」まで全て子音と母音の組み合わせにより単語が形成されています。

さらに、

母音の響きは優しく温かみを帯びているため、丁寧に発声すると印象が変わります。

それと反して子音を強く発声すると、感情が無いような冷たい印象を受けてしまいす。

従がって、美しい日本語を話す(響かせる)には、「母音」をきちんと発声するという事が大切であるとお分かり頂けると思います。

会話の中では、「きれいな言葉を選んで使う」ということも大切ですが、きれいな言葉をさらに美しく響かせるということも重要です。

きれいな言葉はきちんとした発声ができてなければ、残念ながら「きれい」には聞こえません。母音の響きを感じながら発声するだけで印象は全く変わります。


早速、今日から「美しい日本語」の響きを感じてみませんか。

是非、皆様も朝の「おはようございます!」から、母音をきちんと発声する訓練をしてみてください。

この記事を書いたユーザー

minami このユーザーの他の記事を見る

司会、ナレーション、話し方講師。
趣味は、神社仏閣巡り・御朱印集め、旅行、バレエ、読み聞かせ、カラオケです。
焼肉、ジャニーズ、ワンピース、キティ、七福神が大好き!

得意ジャンル
  • 育児
  • 恋愛
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス