今や誰もが一人一枚持っている運転免許証は、顔写真付きの身分証にもなる便利なもの。その一枚一枚に割り振られている、12桁の番号の意味を考えた事はありますか? どうやら「免許試験の点数」「免許停止の履歴」「免許証を再発行した回数」等が隠されているという噂です。そんな免許証番号に秘められた「意味」をご紹介していきたいと思います。



まず、免許証番号には次の意味が割り振られています。


免許証番号の意味

出典 http://s.ameblo.jp

ふ、深い…!

公安委員会都道府県別番号

出典 http://stat.ameba.jp

こうして割り振られているのですね!



公安委員会番号(1~2桁目)

初めて免許証の交付を受けた、各都道府県の公安委員会の番号です。例えば「30」の場合は、東京都です。


取得年(3~4桁目)

これは初めて免許証の交付を受けた西暦の下2桁です。例えば「12」の場合は、2012年です。


各公安委員会の独自管理番号(5~10桁目)

この6桁の数字は、各都道府県の公安委員会が決めている管理番号です。その数字の意味は残念ながら公表されていません。
年代によっては通し番号にしていた委員会もあったようですが、実態は不明です。2006年に情報公開請求がなされましたが、一部のみしか公開されておらず、都市伝説の様なものは、こういうところから広まったのかもしれません。


入力ミスの確認用番号(11桁目)

これは免許証だけでなく、クレジットカードにも使われるという、入力ミス確認用の「チェックディジット」といわれる数字です。チェックディジットとは、とても難しい計算式により、1~10桁目の数字で決まる番号です。この番号によって、入力ミスの確率が高い「1文字だけの間違い」と「隣合う2文字の入れ替わり」を発見できるという仕組みです。


再発行回数(12桁目)

免許証が再発行された回数です。この数字を見ると「ものをよく失くす人」かどうかが一目瞭然ですね。


交付日の右側にある5ケタの数字

これは交付日ごとに番号を振り直していて、免許の手続きの詳細が分かります。公安委員会の内部検索用で、各都道府県ごとに違います。傾向としては、最初の2桁が免許センターの番号、即日公布か後日交付。後ろの3桁が交付した免許証の通し番号となっていることが多いようです。



こうして見てみるとただの数字の羅列ではなく、各々の属性まで分かってしまう12桁の数字。マイナンバーを始めとした個人情報も情報化される社会で切り離せない「数字」に隠された秘密。あなたは今まで深く考えた事はあったでしょうか?

この記事を書いたユーザー

ひよこ このユーザーの他の記事を見る

ひよこを愛してやまない、26歳の主婦。ひよこやねこやゆるキャラに日々癒されながら、平和に暮らしている。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 動物
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース

権利侵害申告はこちら