ビタミンの役割

体の調子を整える為に不可欠な栄養素で、炭水化物やタンパク質、脂質が体内で利用される為の手助けをします。

ビタミンには肝臓や脂肪組織に蓄えられる脂溶性ビタミンと血液などの体液中を流れる水溶性ビタミンがあります。

中でも、脳の機能維持に重要な役割を果たしているのがビタミンB群。記憶と学習に関わる神経伝達物質を作ったり、神経の興奮を抑える物質を合成します。

ビタミンEも重要で、脳の神経細胞に含まれるDHAの酸化を防ぎます。

ビタミンを多く含む食材とは?

ビタミンA・・・にんじん、にら、ほうれん草、小松菜
ビタミンK・・・納豆、キャベツ
ビタミンE・・・かぼちゃ、パプリカ、しいたけ
ビタミンD・・・しらす、鮭
ビタミンC・・・みかん、ブロッコリー、トマト、イチゴ、さつまいも
ビタミンB1・・・豚肉
ビタミンB6・・・バナナ、まぐろ

ビタミンが不足するとどうなるの?

たとえばビタミンB2が不足すると、口内炎や口角炎が出来やすくなり、ビタミンAが不足すると肌荒れや風邪をひきやすくなることも。

体調維持の為にも偏った食事は控えましょう。

ビタミンを摂り過ぎるとどうなるの?

水溶性ビタミンは、摂りすぎてもおしっことして体外に出る為心配いりません。

しかし脂溶性ビタミンは摂り過ぎると気分が悪くなったり食欲が落ちたり、頭痛が起きたりすることも。妊娠中にビタミンAを過剰に摂取すると新生児の奇形発生率が高くなると言われています。

通常の食事で摂り過ぎると言うことは稀なので、サプリメント等で摂取する場合には注意が必要です。

まとめ

体の調子を整え、栄養素の働きを助ける重要な役割を担っているビタミン。

炭水化物とビタミンを併せて摂取すれば素早くエネルギーにかわりますし、鉄分とビタミンCを併せて摂取すれば乳幼児の発育に欠かせない鉄の吸収を高めます。

他の栄養素を効率的に体に摂り入れる為にも、毎食適量を摂取することを心がけましょう。

この記事を書いたユーザー

ナカムラユカリ このユーザーの他の記事を見る

1歳の男の子と5歳のチワワのママです!
よろしくお願い致します^ ^

得意ジャンル
  • 話題
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら