『旋律的会話術のススメ 1』のテーマは「苦手意識」です。

私は司会やナレーションのお仕事をしておりますが、最近、様々なご質問を受ける事が多くなって参りました。

「どうして、緊張しないでたくさんの人の前で話せるの?」「初対面なのにどうしてそんなに話が続くの?」「年代の違う人との会話が出来るの?」、「すぐ子ども達と仲良くなれるの?」などなど

私自身、そんなこともないと思いますが…

そして、

その方々の具体的なお悩みとしては、

・人の前に出て話をすることが苦手
・人とのコミュニケーションで誤解を受けることが多い
・声に自信がない
・初対面の人との会話が続かない
・目を見て話すことができない
・仕事でプレゼンテーションが上手く出来ない(言いたい事が伝わらない。話が逸れる)
・年上・年下の人との会話が苦手(楽しくない)
・気になる女性(男性)に良い印象与えたいのに、上手く会話が出来ない
・流行り(若者言葉?)しか使えない 等々

様々な苦手意識をお持ちのようです。

また、流行りの若者言葉については、対象は若者に限られるでしょうが、とても楽しいコミュニケーションが予想されます。しかし、当のご本人は、このままでは良くないと思っていらっしゃるようでした。
特に女性は、仲良しのお友達や知人とご一緒だと2時間、3時間…とネタが尽きることなくずっとお話が出来る方がほとんどですが、多くの人の前で話すのはイヤという方が多いように思います。

男性の場合は、プレゼンや初対面の方(世代の違う女性など)との会話や仕事以外のご近所の方々との交流がちょっと苦手と思われる方が多いようです。

私に相談される、そんな苦手意識を抱えている方の少しでもお力になれればと思いまして、この度「旋律的会話術のススメ」を書いてみることとしました。
「旋律的会話術のススメ」とは、歌をうたうように滑らかで素直な会話を楽しんで頂けるようにと願いましてそのようなタイトルに致しました。
さて、今回のテーマである「苦手意識」。
辞書には、「どうにも苦手だと感じてしまうこと。不得意であり、できれば避けたいと思う傾向、を意味する表現。」なるほど、「嫌い」に近いですよね。

なおさら『苦手』『イヤ』『嫌い』と脳にしっかりインプットされてしまっている方の意識を変えるのは難しいかもしれません。

しかし、私に相談をされたということは、少しでも「改善したい」、「良くなりたい」と願っているからでしょう。

私たち話し手(ナレーター・司会者)は、「通常の話す声=司会で話す声」は基本的に同じでなくてはなりません。

そうなると普段から話すための意識が重要となります。

何故かといいますと、司会は常にハプニングの連続です。

オープニングでいつもと違う特別な声を出すと、ハプニングあった時(例えば進行表や台本にないアドリブ時)等には、オープニングで出したかっこいい!?声ではなく、驚いたような特別な声となってしまいます。

まるで司会者が2人存在するかのうようになるのです。

それを避けるために、いつもの一定で安定した声で話すように努めます。つまり会話も司会も同じ声で発声するのです。また司会者は、ご来場の皆様との対話が必須となります。
実は、ナレーションでも同じ事が言えるのです。例えスタジオ収録であったとしても、必ず「誰に(どんな人?いくつぐらい?男性?女性?)」、そして「何を伝えているのか。常に意識をしなさい」と先生や先輩方に厳しく叩き込まれました。

それはつまり、

「きれいに話すことが目的でなく、意味を理解して相手にしっかり伝えることが大切」

そうです!

会話は、ただ単にきれいに話す事が目的ではないのです。

そうなると、苦手意識をお持ちの方々にも希望が見えてきませんか?きれいに話すのではなく、内容を理解して自分の言葉でしっかり伝えるそれが「話す基本」だからです。

百貨店で流れている館内アナウンスのような話し方では、一方的に内容は伝えられても会話は続かないのです。

その基本をしっかりご理解して頂き、次のステップとして、相手に分かりやすく話す。伝える。

時に笑顔や優しい印象を持って、相手の反応を感じ取る。

さらに、日本語の美しさが加われば、その苦手意識は以下のように変化していくはずです。

「嫌い」→「普通」→「良い」→「好き」

苦手意識の改善をちょっと挑戦してみたくなりましたか?

次回からは、より具体的な改善策を検討してみましょう。

この記事を書いたユーザー

minami このユーザーの他の記事を見る

司会、ナレーション、話し方講師。
趣味は、神社仏閣巡り・御朱印集め、旅行、バレエ、読み聞かせ、カラオケです。
焼肉、ジャニーズ、ワンピース、キティ、七福神が大好き!

得意ジャンル
  • 育児
  • 恋愛
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス