なかなかお金が貯まらない…「何となく出費」がかさんでいませんか?

貯金してたくてもなかなかお金が貯まらない…。そういう悩みを抱えている方、多いと思います。どうしても通帳の残高が増えない、いつも月末にお金が無くなってしまう、月に何回ATMを使ったかわからなくなってしまう。貯蓄が苦手という人は世の中にたくさんいます。
そうした悩みを持つ方の共通点は、「なんとなく散財してしまう」、
なんとなく出費
が多いことではないでしょうか。ついなんとなくコンビニに行ってしまう、用もないのに買い物をしてしまう、スーパーに行くと余計なものまでつい買ってしまう。
こうしたなんとなく出費が積もり積もると貯蓄や家計を圧迫する原因となってしまいます。
今回はこの「なんとなく出費」を解消して蓄財につなげる方法を考えていきましょう。

お財布を一切使わない「休財日」を作る

お酒をたくさん飲む人は、飲みすぎ解消のために休肝日と言って週に一日ほどお酒を飲まない日を作ることを勧められています。
「休財日」とはこれを同じ発想で、週に一回もお財布を開けない日を決めて実行するという節約術です。
なんとなく出費がくせになってしまっている人は、まず週のいつでもいいですからお財布を絶対に使わないという日を決めてください。

その日はスーパーにもコンビニにも行かない、どうしても必要なものが出来てしまったら、その日は買い物をするけれど次の日に必ず休財日を再開します。
なんとなく出費がかさんでしまっているひとは、惰性でお金を使う癖が身についてしまっているのです。なのでまずは「お金を使わない!」という癖をつけるために週に一度、お財布を開かない、出来るならお財布を持って出かけないという日を設定してみてください。日々の出費が随分違ってきますよ。
たとえば毎日コンビニに行く習慣がついてしまっている人が居るとします。
150円のコーヒーに100円のドーナツ。200円のスイーツに160円のチキン。400円のお弁当、第三のビールが170円程。
(注意・これらの数値は各種コンビニ、スーパーなどの価格から大まかな平均を算出しました)
一日にコンビニを利用しているとすぐこれくらいは出費してしまうものです。
合計すると1180円。わずかな金額のような気がしますよね。でもこれが毎日の習慣になっていると考えると1180円×30日で35400円。どうでしょう。
ほんのちょっと、なんていう金額ではなくなってきますよね。

まずは週に一回、この1000円強の出費が無くなるようにトライしてみましょう。
週に一回の1180円が無くなったらひと月で4720円、一年間頑張ると56640円の節約になります。
一人暮らしの人ならかなり大きな金額だと思います。

休財日をうまく身に着けるコツ

どんなものでもいったん癖になってしまったことを治すのはなかなか大変です。休財日の習慣も実行していくにはそう簡単にはいかないかもしれません。

最初は「絶対にお金を使わない」と強く決めてかかるのではなく、「このコンビ二にはいかない」「必要なものは休みの日にまとめ買い」などから始めると、必然的にお金を使わなくてもいい日が出来てくるので休財日を進めやすいと思います。


仕事に持っていくのにお弁当を絶対に買わなくてはいけない人などは、休財日には頑張ってお弁当を準備してみませんか?ラップでくるんだおにぎりとレトルトのお味噌汁くらいならどんなに忙しくてもなんとかなるのではないでしょうか。

またどうしても買い物をしなくてはならなくなってしまったら、普段使っているポイントカードを上手に活用しましょう。
急に必要になるものほどちょっとした出費だったりします。そしてそのちょっとした出費の時ほど余計なものまで購入してしまいがち。だからこそポイント払いにして現金を使わないように心掛けましょう。

休財日を決めることで普段のお金の使い方を見直す

休財日を決める目的は普段の自分のお金の使い方を見直すためです。家計簿をつけたりするのが苦手な人ほど普段自分がどれくらいお金を使っているのか把握出来ていませんよね。

ついコンビニでスイーツを買いたくなった時にぐっと我慢してそのまま家に帰ってしまいましょう。そのとき、
「ああ自分はこんな風に気軽にお金を使っていたんだ。」
と気が付けるはずです。

お金が貯まらないのは、だらだらとした出費が重なってしまうことが大きな理由です。休財日を決めることでまずは自分のお金の使い方を見直し、出ていくお金をきゅっと引き締めてみましょう。
それに慣れてきたら休財日を週に二日に増やしてみるいうのも効果的な手段です。

蓄財も食生活改善やダイエットと同じことで、自分を甘やかしてしまっているところに気づくことから始めるのが重要です。すると、反対にお財布の方は健康になっていけるので効果が実感できるようになったらやる気もどんどん増していくことでしょう。

この記事を書いたユーザー

bungakuing このユーザーの他の記事を見る

文章を書くのが好きです。伝わりやすい記事を作っていきたいと思っています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 育児
  • 料理
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら