低年齢化する英語教育。

2020年には現在の小学校5.6年生の英語活動を3年生に引き下げ
5,6年生は英語を教科化を決定。

ライティングや文法などもやっていくとのこと。

これで英語の力が強くなるわ♪なんて言っていられないようです。

教科化されるということは成績がつくということで中学受験などにも英語が加わる傾向になるらしく、学力差がつくということになります。
だからといってインターナショナル幼稚園や英語教室の授業料は家計を圧迫。

さて、そこで教科として学ぶ前に少しでも身近なものにしておいくにはどうしたらよいか?
簡単な方法を上げてみると

①母が積極的に使う
②英語の歌や動画を見せる
③簡単な英語の本やおもちゃを与える

②や③はできたとしても①はどうするか?

見つけたのはカンペですww
簡単な英文がシールになっているので
貼っておいて子供に英語で話しかけできます。
読み方や意味も書いてあるので英語が苦手なママにおすすめです。








出典 http://item.rakuten.co.jp

朝編などもありました

この記事を書いたユーザー

eruLままごん このユーザーの他の記事を見る

子育て中 節約中 ダイエット中のママです

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • ファッション

権利侵害申告はこちら