平成17年(2005)9月より毎年催されております斎藤一忌が平成28年(2016)も催されます。この催しは藤田家(斎藤一は明治に藤田五郎と改名している)の菩提寺、福島県会津若松市にある阿弥陀寺で9月24日(土)に催され、前半は法要と来賓挨拶が、後半は毎年ゲストを迎えてお話を聞くというイベントです。

一昨年は会津松平家当主の松平保久さん、昨年はNHK解説委員の柳澤秀夫さんがゲストに呼ばれ、楽しいお話をされております。今年は例年のようにゲストのみのトークではなくトークショーとなるそうです。お相手は実行委員長の佐藤功武さんと斎藤一の曽孫、藤田太郎さんです。つまり来賓挨拶ではなく、初めて子孫として先祖の斎藤一が語られることとなります。


平成28年7月15日「産経新聞関西版夕刊」より

出典筆者撮影

既報ですが、平成28年7月15日付で斎藤一の写真が発見されたとニュースに報じられました。実は所蔵者と筆者を仲介されたのが藤田太郎さんになります。つまり今回の写真一件について多く語ることになると、ご本人より談話をいただいております。

実はかねてより出回っている写真、肖像画について、子孫として一度も「斎藤一」と認めたことはないそうです。たとえば西南戦争の写真についてはある作家(故人)が「これが斎藤一だ」と言いながら説明を求めても「私がそう言ったんだからそうなの!」と、強引に各出版社に掲載され、肖像画は藤田太郎さんの父、實(まこと)さんをモデルとして創られた想像画ということが藤田家の聴取から判明しております。

唯一、次男の結婚式の写真のみが本物と認められましたが、一部、不快なことをされる作家等の関係から、使用について制限したところ、逆に根拠のないまま、藤田家の意向と無関係な事柄がネット上に流されるに至って現在を迎えております。今回の写真発見により、そうした偽写真等を排除する機会と藤田家も喜んでおります。

是非ともご来場してトークショーを楽しんでは如何でしょうか?

この記事を書いたユーザー

あさくらゆう このユーザーの他の記事を見る

在野の歴史研究家です。主に幕末維新史を中心に活動しております。昨年は『斎藤一~新選組論考集』の執筆、編集を行い、子孫の縁を経て、斎藤一の写真を公開する等、メディア活動を行っております。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら