恐怖もエンターテインメント

子供の頃のことです。
「なんで、お化け屋敷とかジェットコースターを『おもしろい、たのしい』って思うのかな…? 私は怖くてぜんぜん楽しめないよぉ」
と疑問に思っていたことがあります。
そんなことを思っている私でも、怪談話には興味津々で、誰かが語る嘘か本当かわからない怖い話を夢中で聞いては、夜になったら一人でトイレに行けない…という体験を幾度となく繰り返し経験しました。
お化け屋敷やジェットコースターに対しては人一倍、怖がっているにも関わらず、怖い話、怪談を聞くのは大好き…という矛盾にずいんぶんと自分のことながらに不思議に思ったものです。
その不可思議な矛盾…調べてみて「あ、そういうことか」と思わず深くうなずいた記事に出会えたのですが、それは後ほどご紹介します。
「恐怖もエンターテインメント」!
まずは、実際に怪談を聞いてみましょう。

「宅配先のお婆ちゃん」(シークエンスはやともさん)

ぁみ(ありがとう)

出典 https://youtu.be

お笑いコンビ「ありがとう」の芸人でもあり、稲川淳二さんのように怪談話の名手でもあります。心霊体験の多様さと、聞き手を引き込む語りのうまさは、YouTube「怪談ぁみ語」でも十分に発揮されています。

出典 https://youtu.be

動画中で怪談を披露するのは、シークエンスはやともさんで、中学時代の友達が体験されたお話です。
多くの荷物を様々な場所に届ける宅配便の仕事先での体験談は、不自然さの中にもどこかなごやかでもあり…と思って聞いていると最後にとんでもない衝撃が…!

出典 YouTube

淡々と冷静に話すはやともさんですが、それがかえってこの不思議な話にうまく調和していて、よけいに怖さが増しているように思えました。
みなさんはどうでしたか?

ところで、私のように「怖がりなのに、また怪談、聞いちゃったよぉ」という方はいらっしゃいますか?
そういう方はぜひ下記の記述を読んでみてください。

「怖いもの見たさ」の心理状態とは?

怖いとわかっていながら、自らその怖いものを見たり聞いたり体験しようとしたり…それは一体どうしてなのでしょう?

恐怖と快感は紙一重
どうやら脳の中では恐怖をつかさどる部分は快感をつかさどる部分と同じだそうです。
そのため、恐怖の感情はしばしば快感と一緒くたにされるそうです。

さらに、ジェットコースターやホラー等で得られるスリルは安全が保障されていると分かっているものばかりです。
つまり、作られた恐怖ですね。
人間の高度に発達した脳はこれが虚構であると認識できます。
そのため、恐怖に一定の歯止めがかかり、恐怖の後の安心感や充実感が快感にすり替わるそうです。

出典 http://www.2put-it-simply.com

「気紛れ概論」様サイトより引用です。

恐怖=不快…だと思いこんでいたので、ちょっとした驚きでした。
人間の脳の働きでは、恐怖と快感を一緒くたに処理されているとは…!
「気紛れ概論」様では、そのような「人間の脳もある意味ホラー」だと書いていらっしゃるのですが、まったく同感です。世界の七不思議に入っていてもおかしくほど、不可思議です。
また、確かにホラー映画やジェットコースターは、危険なようで安全はしっかり保障されている(はず)…と自覚があって見たり体験したりするものですね。
「虚構の恐怖」という認識があるから、無意識にでも「怖いと感じるけど、これはつくりものだから大丈夫」と思っていたのですね。
ジェットコースターに乗った後に、
「ああ、怖かった…でもおもしろかった! もう一回乗ろう!」
と言えるのは、虚構の恐怖の後の安心感と充実感が、そう言わせていたのです。
脳内の「安全ストッパー」のおけげで「恐怖エンターテインメント」が成り立つわけなのです。「怖い」と感じながら、実はちゃんと安心もしている人間の脳…よくできています。

そんなことも踏まえて、次のぁみさんにより「怪談ぁみ語」を見てましょう。

「16年前の旧トンネルで」(ありがとう ぁみさん)

ぁみさんは話さる怪談の舞台は「心霊スポット」と呼ばれるトンネルです。
この心霊スポットという場所は、「そこで何やら怪奇現象があるらしい」という噂が立っている場所です。怪奇現象…やっぱり怖いじゃないですか?
「なんで行くの…怖いとわかってるのに…?」
とまたまた思うわけですが、それは上記の気紛れ概念様の書かれた説明で納得できるでしょう。
「幽霊が出る、誰もいないのに声がする、ポルターガイストがある」と言われていても、やはり「噂」であって、心霊スポットへ肝試しに行く方は、もしかしたら遊園地のお化け屋敷に行く感覚かもしれません。
「2メートル以上もあるお腹をすかせた熊が十匹もいて…」という場所に、懐中電灯一つを持って肝試しに行く人など聞いたことがありません。しかし「怪奇現象があるらしい」という心霊スポットへ出向く人々は後をたちません。
何故なのでしょうか?
おそらく、まだ「噂」である段階では、恐ろしい心霊スポットも「虚構」であり、「怖いのだろうけど…(多分、身の安全は確保されているだろう)」と脳が認識している状態なのではないでしょうか?

長くなりました。では怪談を聞いてみましょう。

出典 YouTube

「恐怖もエンターテインメント」が成立するのは、安全が保障されている場合のみです。ぁみさんのお話は、噂、虚構だったはずの事態が、「本当のこと」になってしまったお話です。
安全だと思っていたはずの場所が、どういうわけか完全には安全とは言えない場所だった…!
そして、なんとも言い難いほど哀しい最後…恐ろしいお話でした。

この記事を書いたユーザー

Yam このユーザーの他の記事を見る

音楽に本に、かわいい動物に、美味しい物‥‥好奇心のままに行動してしまう性質ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら