30代になると多くの女性が「何を着たら良いのか分からない。」現象に悩まされる。
迷走に迷走を重ね、悩んだ挙句の着地点は地味系シンプルコーデであったりする。
しかし、地味系シンプルコーデに着地できれば幸いで、迷走のミルフィーユになった結果、自身の老いを完全無視したブリブリコーデや無駄に高くオリジナリティの強いデザイナーズ限定アイテムコーデに陥るパターンも少なくない。
そして究極は諦めによる毛玉コーデであろう。
私も微妙な諦めにより、2種類の無難コーデを着回ししている。
つまり2日に1度は同じ服なのだ……P子が絶叫するであろう。
これもそれも最近の流行ファッションが難しすぎるのである……ってことで、イケない30代主婦がファッションを語ろうと思う。

ガウチョパンツ

初めて見たときは袴?と思った次第である。(紺色だったので)
その後、美容室で渡されたファッション誌(何故ジャンプがないのか?)にて存在を知り、そのネーミングにも驚愕。
体系隠しに最適!!と書かれていたが、着ているモデルはスタイル抜群であった。
隠したい部分が存在そのものの私としては、どこを隠したいのか!!と胸倉を掴みたい気持ちに駆られた。
しかしながら、スーパーなどで来ている人を見るに、ガウチョを着て細く見える体系の人は皆無。
寧ろ、中肉中背の人に隠したい肉があるんだな!とデブ疑惑をかける始末。
細い人が、細さを更に強調するための服ではないか?と思う。

シャツ ちょっとIN

正式名称不明。
シャツの前を少しだけ入れるファッションスタイル。
幼稚園のママさんがしていて、トイレで慌てて出たのかな?育児あるある!だと思っていたら、そういう流行だと知り驚愕。
ダラしない人間のダラしなさをグレードアップさせるスタイルである。
故に私が真似したら諸刃の剣!すれ違った老婆に「シャツでてるよ!」と言われること間違いない。
PSYCHO-PASS槙島スタイルですね!と言ったら顔面パンチを受けることは明白なので、思っていても言わないのが大人の嗜み。

バブル時代ファッション&メイク

どの時代のファッションも数年過ぎれば黒歴史になるのは間違いない。
だが、その時代ファッションの中でも、バブル時のファッションは断トツで笑われてきた過去がある。
何故、それを知っていながらファッション業界は再び手を出したのか…笑われてきた過去を知りながら再び若者に与えるのか…。
老いとは若者に残酷になれる生き物である。
私が若かりし頃は細眉が主流であったが、それも今や黒歴史……。
今のヤリ過ぎ太眉ブームのせいで、近所のGEO店員(アレは酷い)が可笑しなことになっているが…ファッション業界の罪が深いと感じさせられる。

チュールスカート

去年の冬に数多くのプチプラオサレブロガーが、↑のようなコーデを披露していた。
あまりに紹介されるので、血迷って購入した過去がある。
が、しかし…可愛くないと似合わない!!
服とは着る者が可愛いと全てを凌駕するものであるが、これは可愛い人が着る前提の一品であった。
存在そのものが可愛いデザインなので、可愛くない者が着ると更なる醜さに磨きをかける。
可愛い人が可愛く着こなす!綺麗な人が意外な可愛さをアピールする為に着る!っという服だと断言。


ここまで書いて分かったことは、流行とは若者のために存在するもんである。
そしてプチプラコーデはスタイルと顔造形が全てである。
分かった故に、明日も一昨日着た服をヘビロテすることを決意。

この記事を書いたユーザー

トロロ このユーザーの他の記事を見る

不妊治療の末、2011年8月に男児を出産。
親バカでスペクタクルな毎日。
http://ameblo.jp/visvis/

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス